レビトラにお酒(アルコール)の影響はあるのでしょうか?お酒を飲む場合はおつまみに注意が必要です。

サイトマップ

レビトラのお酒(アルコール)の影響

レビトラのお酒の影響

レビトラのお酒の影響

レビトラとグレープフルーツが危険な理由

世界最初のED治療薬であるバイアグラは、食後、お酒の後に服用しては効果が得られにくいというのが特徴でもありました。
レビトラはその点を改善していて、食後に服用してもそれほど影響がないとされています。
それではお酒はどうなのでしょうか?
一般的なデートとしてはお酒を楽しんでムードを作ってから…というケースが多いでしょう。
お酒は適量であればリラックス効果をもたらし、緊張をほぐしてくれます。
バイアグラはお酒を飲んだ後は薬の吸収が妨げられ、効果が弱くなったり、効果の発現が遅れるとされていました。
レビトラはバイアグラに比べるとお酒の影響も受けにくいとされていますので、適量であれば服用しても効果には殆ど問題はありません。
ただし勿論泥酔するような状態は厳禁です。
快感が薄くなってしまい、勃起が起こらなくなってしまいます。
ほろ酔い程度におさめるようにしましょう。
ただし、レビトラとグレープフルーツを一緒に摂取すると副作用などが強く出てしまう場合があります。
グレープフルーツサワーやカクテルなどは避けるようにして下さい。

おつまみには注意

おつまみには注意 お酒を飲む場合は当然何かしらのおつまみがあるでしょう。注意する点はおつまみです。
お酒のおつまみは揚げ物や中華など高脂質なものが多いのですが、高脂質なものは薬の吸収を悪くしてしまい、効果が薄れてしまう危険があります。
バイエルの治験結果から、食事は700kcalまでが推奨され、食事の脂質が占める割合が30%であればほぼ影響がないとされています。
レビトラを服用する場合は、おつまみも気をつける必要があります。
お腹にあるものは3〜5時間ほどで消化されるので、この時に脂質が多いものが胃にある状態ですと薬の吸収が悪くなってしまいます。
服用する3〜5時間前は脂質の多い食事は摂取しないようにしましょう。
また、レビトラは即効性がありますので服用してから45分ほどで吸収されます。
吸収された後でしたらどのような食事をしても問題ありませんので服用した後にどうしても脂質の多い食事をする場合は、45〜60分は避けるようにしましょう。
ただし、レビトラの血中濃度がピークに達するのは約45分と言われ、その後はゆるやかに効果が落ちてきます。
そのあたりも考慮する必要があります。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る