レビトラには併用禁忌薬がありますので服用している薬がある方は注意が必要です。また、グレープフルーツ等との服用も危険です。

サイトマップ

レビトラの併用禁忌薬

ストップ

レビトラは併用禁忌薬が多いので服用している薬がある方は注意が必要です。特に、3大ED治療薬の中で、レビトラだけはHIV治療薬などの抗ウイルス薬との併用は禁止されています。併用禁止されている薬について解説します。また、グレープフルーツなどの柑橘類と一緒に摂取すると副作用が強く出てしまう危険があるため避けましょう。

バイアグラに比べるとレビトラの副作用は少ないとされています。バイアグラ同様、用法用量を守って正しく服用すれば重篤な健康被害はまずありませんし、安全な薬です。ですが、危険を避けるためにも、併用禁忌薬はあらかじめ知っておきましょう。

併用禁忌薬とは、一緒に服用する事が禁止されている薬です。誤って服用してしまった場合、重篤な健康被害や、命にかかわってしまう危険もあります。以前バイアグラを服用して死亡してしまった方の報道がありましたが、併用を禁止されている薬と服用してしまった為に起こってしまいました。服用している薬がある方はくれぐれも気をつけましょう。

レビトラの併用禁忌薬は以下の通りです。

■硝酸薬及びNO供与薬

  • ニトログリセリン、ニトロペン、ニトロダーム、ミリステープ、ミオコールスプレー(ニトログリセリン)
  • ニトロール、フランドル(硝酸イソソルビド)
  • アイトロール(一硝酸イソソルビド)
  • シグマート(ニコランジル)
  • ハイパジールコーワ(ニプラジロール)
  • ニトプロ(ニトロプルシド)
  • 亜硝酸アミル

■抗ウイルス薬 (HIV治療薬)

抗ウイルス薬
  • ノービア(リトナビル)
  • クリキシバン(インジナビル)
  • レイアタッツ(アタザナビル)
  • フォートベイス(サキナビル)
  • インビラーゼ(メシル酸サキナビル)
  • レクシヴァ(ホスアンプレナビル)
  • カレトラ(ロピナビル・リトナビル)
  • プリジスタ(ダルナビル)

■内服の抗真菌薬

  • イトリゾール(イトラコナゾール)、ケトコナゾール(国内未発売)

■クラスIA抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミド等)

■クラスIII抗不整脈薬(アミオダロン、ソタロール等)

■慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

以上の薬とレビトラを併用する事は禁止なので絶対にやめましょう。現在服用している薬がある方で不安な方は、服用している薬を持参して医師に相談するのがお勧めです。

レビトラとグレープフルーツなどの柑橘類

レビトラとグレープフルーツ

レビトラだけでなく、お薬を飲む際に気をつけなくてはいけないこと、それはグレープフルーツです。副作用が強く出てしまう危険があります。ダイエットや健康のためにと果物を摂取している方は多いかもしれません。最近はスムージーなどもブームになっていますし、コンビニでも簡単に購入できます。そのためスムージーやジュースなども人気ですが、お薬を服用する場合、併用してはいけません。

レビトラとグレープフルーツが危険な理由

グレープフルーツなどが危険な理由は、グレープフルーツなど柑橘類にはフラノクマリン酸という成分が含まれています。フラノクマリン酸は薬物代謝酵素のシトクロムP450を阻害する成分です。

薬と同時に摂取するとどうなるかというと、薬の体内への吸収を高めてしまう危険があります。薬の効果を高めるのならいいのではないか?と思われるかもしれませんが、それはつまり、副作用も強くしてしまう危険があるということです。その事によって、重篤な副作用を起こしてしまう事も考えられます。

グレープフルーツジュースにも注意

グレープフルーツの果実だけでなく、ジュースも同様の効果があります。ですので、グレープフルーツジュースでレビトラを服用する事は絶対にやめて下さい。服用する際は数時間前から摂取を控え、服用する事があらかじめわかっている場合は、前日から摂取するのを控えましょう。

グレープフルーツ以外に注意が必要なもの

グレープフルーツ以外に注意が必要なもの

グレープフルーツ以外にも、注意が必要な柑橘類は意外に多いため注意しましょう。

  • レモンの果皮
  • 弓削瓢柑の果皮
  • 晩白柚
  • ぶんたん
  • スィーティー
  • サワーオレンジ
  • 夏みかん
  • 絹皮
  • 金柑
  • メロゴールド
  • ばんぺいゆ
  • レッドポメロ
  • サワーポメロ
  • メキシカンライム
  • 八朔
  • タンジェリン
  • 甘夏
  • ライム
  • パール柑
  • 三宝柑
  • ざくろ
  • ブラックマルベリー
  • 山ぶどう
  • ブラックラズベリー
グレープフルーツ以外に注意が必要なもの

以上はグレープフルーツ同様、フラノクマリン酸が含まれているので注意が必要です。マーマレード、レモンピールなどの果実果皮加工食品もラノクマリン酸が含まれています。ですが普通であれば大量に摂取する事は少ない事が考えられるので、危険は少ないと言えます。ただし大量摂取は控えましょう。

レビトラはED治療薬の中でも特にグレープフルーツの影響を受け易いお薬なので、柑橘類にはくれぐれも気をつけて下さい。

レビトラは併用禁忌薬とグレープフルーツジュースに注意

レビトラを服用する際は、併用禁忌薬に注意するようにしましょう。また、それ以外でも普段服用しているお薬がある方は注意するようにしましょう。グレープフルーツ、グレープフルーツジュース、柑橘類などにも注意が必要です。

ですが、併用禁忌薬を服用していない方はバイアグラよりも副作用が少ないレビトラの方が安全に服用できると言えるでしょう。レビトラは通販サイトで購入する事ができます。海外医薬品の通販サイトではレビトラのジェネリック医薬品も多数販売されています。副作用が心配な方は、レビトラをおすすめします。

すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 200円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

レビスマ

レビスマ

1錠 360円

サビトラマックス

サビトラマックス

1錠 450円

※サビトラマックスのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。