ED(勃起不全・勃起障害)の治療方法・改善方法をご紹介します。現在は病院に行かず秘密で治療する方法があります。

サイトマップ

ED(勃起不全・勃起障害)の治療・改善方法・治し方

ED(勃起不全・勃起障害)とは

EDとは、Erectile Dysfunctionの略で、勃起不全、勃起障害などと訳されます。勃起機能の低下全般を意味し、単に勃起しないだけでなく、中折れなどの勃起を維持できない症状も含まれます。有効な治療方法、改善方法をご紹介します。現在は投薬治療が主流ですが日本では保険が適用されず、高額になってしまいます。そこで通販でジェネリック医薬品を購入する治療方法が最も人気になっています。

通販を利用すれば誰にも会わずに秘密で治す事が可能です。EDは中高年だけでなく、ストレスなど様々な原因によって20代、30代の若い方も発症しやすくなっています。完全な勃起不全(いわゆるインポ)となってしまう前に早めに治療しましょう。

ED治療薬(勃起薬)でEDを治療・改善

ED治療薬(勃起薬)でEDを治療・改善

EDで病院に行くと、服用に問題がなければまずは投薬治療となります。ED治療薬(勃起薬)は、何らかの原因で正常に勃起できなくなってしまった場合、勃起するのを助けるお薬です。媚薬などと違い、臨床試験でも80%以上の方に効果が認められた医療医薬品です。服用するだけで硬い勃起を維持する事ができ、満足のできる性行為を楽しむ事ができるようになります。

ED治療薬は性欲を増したり精子を増やす働きはありません。また、服用したらたちどころに勃起するわけではありません。あくまでも性的刺激があったときにのみ効果があるお薬です。

勃起の仕組みは実は非常に複雑で、脳、神経、血流が重要になるため、これらのどこかに異常があるとうまく勃起できない、勃起を維持できない状態になってしまいます。また、いつまでも勃起したままというわけにはいかないので勃起を抑える「PDE5」という物質があります。EDの方はこのPDE5が過剰に分泌されてしまっています。ED治療薬の効果は簡単に言うと、このPDE5の働きを抑えることです。ですので、ED治療薬は、「PDE5阻害薬」という呼ばれ方もされます。

ED治療薬の種類は大きくわけて4種類あります。最も有名なバイアグラ、最も即効性があるレビトラ、最大36時間持続するシアリス、食事の影響を受けにくいステンドラなどがあります。一言にED治療薬と言ってもそれぞれ特徴があります。ED治療薬(勃起薬)の違いを知って、ご自分に合っているものを選ぶ事がおすすめです。また、その時の状況によって使いわけているという方も多いようです。

正しく服用すれば危険な事はありませんが、医薬品ですので副作用、併用禁忌薬などがあります。そのため日本では購入するには医師の処方が必要になっています。ですが、EDで病院に行くのは恥ずかしいという方も多いでしょう。また、保険が適用されず高額になってしまいます。

インドなどは医薬品の特許が異なる関係で、日本ではまだ販売されていないジェネリックが豊富に販売されています。たとえばレビトラは病院で処方してもらうと1錠1500〜3000円で、診察代なども加算されます。ジェネリックのバリフレビスマサビトラなどは1錠たったの144円から購入する事ができます。安く秘密で購入したい方は、これらのジェネリックを通販で購入するのがおすすめです。

通販と言っても、レビトラなどはアマゾンや楽天では購入できません。海外医薬品の通販サイトで購入する事ができます。個人輸入代行業者を利用しますが、日本語のサイトですので一般的な通販と同じような方法で購入する事ができます。ただし、中には偽物の薬を販売しているような悪質な業者もあります。信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。また、海外からの発送になるため、到着までに10日程度かかります。余裕を持って注文するようにしましょう。

EDサプリ(精力サプリ)でEDを治療・改善

>EDサプリ(精力サプリ)

「EDをなんとかしたいけど、医薬品は副作用が心配だ」という方におすすめなのがサプリメントの利用です。ですが巷には様々な精力剤やサプリがあふれていて、どれを利用したらいいのかわからない、という方も多いでしょう。大切な事は、しっかりとした成分が配合されているかです。

数あるサプリの中でもおすすめなのが、「ロイヤルハニー」という商品です。成分は朝鮮人参粉、トンカットアリ、蜂の子粉、純粋ハチミツが含まれています。どれも精力剤としては非常に有名な成分で、特にトンカットアリは、男性ホルモンのテストステロンを分泌させる働きがあります。そのため、服用を続けることで様々な意味で男らしい男性になれる効果が期待できます。

また、朝鮮人参や蜂の子は古来から最も滋養強壮成分があると言われています。ですので健康面でも若々しくなる効果が期待できます。年齢を重ねるにつれ、それまでの人生でお仕事などを頑張ってきた疲れ、ストレスなどがあらわれやすくなってしまいます。サプリは医薬品のような即効性はありませんが安全性が高く、毎日服用し続ける事で男性機能の面でも健康面でも若返る効果が期待できます。なるべく安全に、ゆっくりとEDを改善したいという方にはサプリなどもおすすめです。通販ではロイヤルハニー以外にも様々なEDサプリや精力サプリが販売されています。色々ご検討してみましょう。

ホルモン療法でEDを治療・改善

勃起には男性ホルモンが大きく関係しています。男性ホルモンのひとつにテストロテンというホルモンがあります。このホルモンが減少すると、勃起力の低下や性欲減退になってしまいます。個人差がありますが、テストステロンは加齢とともに減少します。「更年期障害」というと女性がなるものというイメージが強いかもしれませんが、男性にも男性更年期障害というものがあります。テストロテンの減少は男性更年期障害や喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足などによって起こると言われています。

ですので、テストロテンを増やすことがEDを防ぐ事につながります。「ホルモン療法」というと病院の診察が必要だと思われる方も多いかもしれませんが、現在は病院に行かずに男性ホルモン剤を購入する事が可能です。最近のホルモン剤は安全性も高いものが多いのですが、特に副作用が少ない男性ホルモン剤は「アンドリオール」が有名です。

男性ホルモン剤のアンドリオール

>男性ホルモン剤のアンドリオール

アンドリオールは初めて男性ホルモン剤を利用する方にもおすすめです。アンドリオールには以下のような効果が期待できます。

  • 男性機能の改善
  • 精子機能の改善
  • 男性の不妊治療
  • 筋肉増強
  • うつ症状・不安の緩和
  • 疲労感の緩和

男性更年期障害は、女性の更年期障害同様、身体面だけでなく精神面でも何らかの障害が起きてしまうケースが多いようです。なんとなく落ち込む、無気力だ、不安がある、という方でも、症状が軽い場合は精神安定剤を服用するのは不安という方がほとんどでしょう。アンドリオールは依存などの心配もありませんし、安心して服用する事ができます。アンドリオールを利用するだけで心身両方の改善を期待できます。また、性的な部分だけでなく、筋肉が増すことで見た目も若々しく男らしさを保つ事ができるでしょう。

なお、中高年以外の若い方でも、男性ホルモンの不足に悩まされている方が多いとされています。若い方でも男性ホルモンの不足が気になる方は、テストロテンを増やす事で心身ともに男らしくなる事が期待できます。若い方でも中高年の方でも、様々な意味で男性ホルモンの減少が気になる方は、アンドリオールなど安全性の高い男性ホルモン剤を利用して男性ホルモンを増加させましょう。

ED1000でEDを治療・改善

ED1000でEDを治療・改善

「ED1000」とは、最新のED治療機器です。衝撃波を利用してEDを治療する方法です。病気や服用薬によってED治療薬が服用できない方、レビトラなどが効かない方などに利用されています。副作用、痛みなどもないとされています。患部に低周波の衝撃波を与え、血管を再生してEDを改善する治療方法です。新しい血管を作ることにより陰茎に血液が流れやすくなり、EDを改善します。

ただし、世界で200台程度、日本で25台程度しか導入されておらず、東京などの都心部の病院がほとんどです。まずはお近くの病院で治療が可能かが大切になります。台数も少ないため、効果がどれほどあるかのデータも少なく、80%以上の方に効果があると謳われていますが、中には全く効果がなかったという方もいらっしゃるようです。確実に効果があるわけではないという事を知っておく必要があります。

また、ネックとなるのは費用と期間です。保険が適用されないため30〜50万円程度で、病院によって異なります。費用については事前によく調べる必要があります。また、1回で終わるわけではなく、2か月で12回通院しなくてはいけません。最初の3週間は1週間に2回通院し、3週間休止します。その後にさらに3週間、1週間に2回通院します。1回の治療は20〜30分程度なのでそれほどかかりませんが、お仕事をされている方は特に時間調整が難しい場合も多いようです。

ED1000の治療をお考えの場合、近くに病院があるか、定期的に通院する事ができるか、費用はどれくらいかかるかなどをよく考える必要があります。

陰茎海綿体注射(ICI治療)でEDを治療・改善

陰茎海綿体注射(ICI治療)でEDを治療・改善

陰茎海綿体注射、もしくはICI治療とは、その名の通り、陰茎に直接注射をしてEDを治療する方法です。血管作動薬を注射します。EDの治療効果は70〜90%と言われていて、非常に高いと言えます。ただし人によっては一度の注射では勃起せず、何度か注射する事で効果が得られる場合もあるようです。病気などによってED治療薬を服用できない方に行われる治療方法です。

髪の毛ほどの細さなので痛みはほとんどありません。ただし10〜20%の方が陰茎に疼痛を感じるとされています。副作用も少ないと言われていますが、海綿体線維化、頭痛、発赤などが起こる場合があります。

注射をした後、5分から10分ですぐに勃起状態になります。ED治療薬とは異なり、性的刺激がなくても強制的に勃起します。効果の持続時間は2〜3時間程度です。ですので病院で注射をしてもらう場合、パートナーに近くのホテルで待機してもらったり、急いでご帰宅するという流れになります。医師の指導があればご自宅でご自分で注射をできるようになる事もあります。ただし、日本では未承認の治療方法ですのでもしもなにかあっても自己責任となってしまいます。

ICI治療のデメリットは価格です。保険が適用されないため、1回につき10000円前後かかります。性行為のたびに利用していては大きな出費になってしまいます。また、医師に直接陰茎を見られる、さらに、陰茎に直接注射をする事になりますので、痛みがないと言ってもかなりの勇気が必要になるでしょう。

運動でEDを改善

運動でEDを改善

運動不足はEDの原因になりえます。それは血流の悪い事が勃起を妨げる原因となるためです。血流が原因でEDになってしまっている方は、筋トレなどの運動をすればEDが改善できる事が期待できます。EDに対して特に有効だとされているのが有酸素運動です。その中でもランニングやウォーキング、スクワットは効果が期待できます。有酸素運動を行う事で体温が上昇し、血流がよくなります。すると毛細血管が発達してそれまであまり利用されていなかった血管が活性化し、普段から血流がよくなる事が期待できるとされています。

また、スクワットはEDに最も有効だと言われています。スクワットをする事で「骨盤底筋群」という筋肉が鍛えられます。この骨盤底筋群は、骨盤の底を形成している筋肉の総称です。この筋肉が収縮すると、血液を海綿体に押しとどめる事ができるようになり、勃起状態を維持できるようになると言われています。

なお、サイクリングは健康のためには大変効果的ですが、EDを悪化させると懸念されているため注意が必要です。自転車に乗ると膣と陰茎の間にある「会陰」という部分が圧迫されてしまいます。そのため血流が悪くなってしまい、EDになってしまうと指摘されています。一部ではサイクリング選手などにはEDの方が多いとも言われています。絶対にダメというわけではありませんが、長時間乗らないようにする、サドルを負担が少ないものに変更するなどの対処をしましょう。

食事でEDを改善

食事でEDを改善

ED予防、あるいは改善になると言われている食事はいくつかありますのでご紹介します。まず、できるだけ規則正しい食生活を送るように心がけましょう。高カロリー、高塩分、高脂肪などの食事はできるだけ避ける事で動脈硬化を防ぎ、ED予防になります。

また、EDは、男性ホルモンのテストステロンの低下によって起こりますが、低下を防ぐ最も有効な成分は「亜鉛」です。亜鉛が足りなくなってしまうと精巣萎縮が生じ、テストステロンの分泌量が低下します。ですので日ごろから亜鉛を摂取する事が大切です。亜鉛が多く含まれている成分はあわび、豚レバー、アーモンド、胡麻、抹茶、牡蠣、鶏もも肉などです。

ですがこれらは毎日摂取するのは難しいですし、カロリーが気になるものがほとんどでEDの改善という意味では本末転倒になってしまいかねません。食事で摂取するのが難しい場合は、亜鉛のサプリなどを利用しましょう。毎日服用するだけですのでお手軽です。なお、亜鉛には脱毛予防効果もあるため、外見も男性機能の面でも若々しさを保つ事ができるでしょう。亜鉛サプリは、1回1錠服用するだけでいいZINCがオススメです。

手術でEDを治療・改善

手術でEDを治療・改善

EDは、手術で治療する方法もあります。手術には大きくわけて3種類あります。一つ目は、動脈性EDへの手術です。動脈性EDとは陰茎への血液が十分に流入できない状態です。この症状を解消するため、血液の流入をアップさせるバイパス手術と閉塞を取り除く血管拡張手術があります。失敗が多い手術で、成功率は50%前後です。

二つ目は静脈性EDへの手術です。静脈性EDとは陰茎から血液が流出するため勃起を維持できない症状です。そのため、深陰茎背静脈の切除や陰茎脚結紮手術などが行われます。持続性が極めて少なく、手術をしてから効果が持続しているのは50%以下と言われています。

三つ目は陰茎プロステーシス移植術です。この手術はED治療の最終手段と言われています。陰茎にシリコンなどを入れ、擬似的に勃起状態にする方法です。一度手術をすると元に戻す事は不可能で、自然な勃起ができなくなってしまいます。陰茎プロステーシス移植術はノンインフレータブル陰茎プロステーシスとインフレータブル型プロステーシスの2種類があります。

費用は保険が適用されませんので病院によっても異なりますが、動脈性・静脈性EDの場合は30万円前後、陰茎プロステーシス移植術の場合は70〜80万円前後と言われています。手術ですので当然体には負担になりますし、手術の後は数カ月は性行為は一切できません。動脈性・静脈性EDの場合は成功率は低く、陰茎プロステーシス移植術は手術をしてしまうと後戻りができなくなってしまいます。

手術は費用、体への負担、副作用や感染症など様々な面から十分に考える必要があります。他の治療方法が行えない、効果が全くない、などの場合の手段として考えた方が良いでしょう。

陰圧式勃起補助具でEDを治療・改善

陰圧式勃起補助具でEDを治療・改善

病気や服用しているお薬などでED治療薬を服用できない方が第二選択肢の治療方法として用いる事が多いのが陰圧式勃起補助具です。文字を見るだけでどのようなものかある程度想像できるかと思いますが、専用の器具を使って疑似勃起を起こす治療方法です。

使用方法は、まずプラスティック製の筒の中に陰茎を挿入します。そして付属のポンプで筒の中を陰圧状態にします。そうすると陰茎に血液が吸いこまれ、勃起状態になります。勃起を維持するために勃起している陰茎基部にバンドをまいて血流を陰茎に押しとどめます。この状態で性行為に入ります。

陰圧式勃起補助具は効果があるのは90%前後、副作用もほとんどなく、コツさえ使えばどなたでも使えます。保険は適用されませんが、価格は3〜7万円程度です。故障する事もほとんどなく、長期間使えると言われています。

ただしデメリットもあります。まず、陰茎の根元を締めつけたままではうっ血してしまうので、使用できる時間は30分程度とされています。また、人によっては締めつける事によって痛みや不快感もあると言われています。また、陰茎が冷えてしまうので、パートナーが違和感を感じる場合もあります。さらに性行為の盛り上がってきたところで器具を装着しなくてはいけないため、ムードがなくなってしまいます。

以上のように、陰圧式勃起補助具は危険は少なく、価格もそれほど高額ではないものの、ムードや快感がなくなってしまい、形式的な性行為となってしまう可能性が高いと言えます。ですのでお相手との信頼関係などが非常に大切になってくるでしょう。

心理療法(カウンセリング)でEDを治療・改善

心理療法(カウンセリング)でEDを治療・改善

精神的な原因でEDとなってしまっていて、症状が重い場合は心理療法を用いるケースもあります。精神的な原因は若い方に多いと言われていますが年齢に関係はありません。緊張、トラウマ、コンプレックス、プレッシャーなど様々なものがEDの原因となってしまいます。

精神的な原因のEDは「心因性ED」と呼ばれます。心因性EDはさらにふたつに分類され、現実心因と深層心因があります。現実心因はご本人も自覚している場合がほとんどで、現在その事で悩んでいる状態です。ですのでその悩みが解決されればEDも改善される場合がほとんどです。

それに対し、深層心因はご本人が自覚していない場合が多く、幼少時のトラウマ、性に対する嫌悪感、同性愛、近親相姦など様々なものがあります。自覚がない分、発見するのも困難で、治療にも非常に時間がかかってしまう事が多いようです。深層心因の場合、分析的心理療法に進む場合があります。

心因性EDは、カウンセリングなどで専門のカウンセラーが様々な角度から相談に乗り、ストレスを軽減していきます。カウンセリングを行う場合はED治療薬と併用する事が望ましいと言われています。

多くの場合は治療には時間がかかり、数年単位になる事も少なくありません。また、カウンセリングの場合は特に医師との相性が大切になります。合わない場合は病院を変える必要もあり、そのストレスで悪化してしまう危険もあります。そうなってしまうと治療費もどんどん高額になってしまいます。ですが、精神疾患を放置しておくとED以外にも様々な支障がありますので、気になる場合は早めに対処するようにした方がいいでしょう。

EDを治すならまずはED治療薬からがおすすめ(まとめ)

EDを治すならまずはED治療薬からがおすすめ(まとめ)

以上のように、EDを改善・治療するには様々な方法があります。病院でEDを治療する場合、服用に問題がなければまずはED治療薬を利用した投薬治療となります。効果の高さ、体への負担、費用、手間などすべてにおいて多くの方に最もバランスのとれた治療方法と言えるでしょう。

本来は病院の処方が必要ですが、通販を利用すれば病院に行かずに、安く簡単に、ED治療薬のジェネリックを購入する事ができます。「EDを今すぐ何とかしたい」という方は、まずはED治療薬を試してみて、それでも効果が得られない場合は他の治療方法を検討するのがおすすめです。ED治療薬を利用すれば、年齢に関係なく、いつまでも男性としての自信を保て、女性に愛される男性でいられるでしょう。

レビトラ・ジェネリックの最安値
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 152円〜

ブリトラ〜

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,277円〜

レビスマ

レビスマ

1錠 315円〜

サビトラマックス

サビトラマックス

1錠 450円〜

※サビトラマックスのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。