ED(勃起不全・勃起障害)は、加齢以外でも様々な原因で若い方でも多く発症します。EDの原因について詳しく解説します。

サイトマップ

EDの原因は大きくわけて4つ

EDの原因は大きくわけて4つ

ED(勃起不全・勃起障害)は、中高年以上の男性だけがなるわけではなく、ストレスや疲れなどで若い男性も多く発症しています。その原因は非常に様々ですが、大きく分けて4つです。まだEDの兆候が見られない方はEDにならないためにもEDの原因を知っておく必要があります。

重度のEDの方はもちろん、中折れなどEDの兆候を感じる方は、原因を知っておく事が大切です。悪化するのを防止し、最適な改善策がみつかりやすくなります。

EDの原因は、「器質性ED」「心因性ED」「薬剤性ED」「混合性ED」の4つとされています。それぞれ詳しく解説します。

器質性ED

器質性EDは、簡単に言うと、「身体的な原因」でEDになってしまう事です。様々な原因がありますが、加齢、生活習慣病、手術や外傷、神経の障害などが多いと言われています。

加齢

器質性EDの中で最も多い原因は加齢です。「年だから立たなくなってくる」というお話はよく聞きます。歳を重ねるほどEDになりやすくなってしまいますが、これは、血管や神経などに障害がおこる事が多くなるためだと言われています。また、男性ホルモンの分泌が少なくなってしまう事も原因のひとつです。男性ホルモンの「テストステロン」は、勃起時に陰茎の血管を拡張させ、血流をよくする作用があります。このテストロテンが少なくなってしまうと血の流れが悪くなり、勃起を維持しにくくなってしまうのです。

参考:テストロテンとは(wikipedia)

加齢による肉体的な衰えは、人間である以上、どうする事もできません。ですが普段から生活習慣に気をつけたりする事で予防する事ができます。また、中高年以降にEDになったとしても、諦める必要はありません。ED治療薬(勃起薬)などを利用して適切な治療をすれば、年齢に関係なく勃起を維持する事は可能なのです。

男性ホルモンの減少が気になる方は、男性ホルモン剤を利用すればテストステロンの分泌を増やす事ができます。ホルモン剤としてはアンドリオールなどが有名で、通販を利用すれば購入する事ができます。

生活習慣病

加齢の次に多いのが生活習慣病です。中でも糖尿病や肥満症、高血圧、脂質異常症などの方はEDになる事が多いため注意が必要です。糖尿病の方は、80%の方がEDを発症しているというデータもあります。生活習慣病は血管、神経に異常が起こる事が多いため、勃起維持にも異常をきたしてしまいます。糖尿病の治療薬は通販でも購入する事ができます。ED治療薬と併用しながら治療をすすめるのがおすすめです。

生活習慣

生活習慣

生活習慣病にならなくても、普段の生活習慣も大きく関係します。特に注意が必要なのは喫煙です。ニコチンは性的興奮の伝達を妨げると言われています。さらに、ニコチンは陰茎に血液を運びにくくしてしまい、勃起しにくくしてしまうのです。また、タバコを吸うとビタミンを消費するのは有名ですが、テストステロンの分泌を減少させてしまいます。一酸化炭素は血液をドロドロにするため、陰茎に血液が流れにくくなり勃起しにくくなってしまいます。タバコは百害あって一利なしですので、勃起のためにも喫煙している方はすぐにやめましょう。通販を利用すれば、禁煙補助薬のチャンピックスなどを病院に行かずに簡単に購入する事ができます。

喫煙以外にも寝不足、偏った食事、運動不足、不規則な生活など、不健康な生活はすべてEDにつながってしまうと言っていいでしょう。様々な制約がある現代社会のため、完璧に正しい生活習慣を送ることはほぼ困難です。ですが、EDを悪化させないためにも、普段からできるだけ規則正しい生活を心がけることでEDを遠ざける事ができます。健康のためも考え、健康な生活を送るようにしましょう。

手術や外傷

前立腺がん、直腸がん、膀胱がんなど骨盤内臓器を摘出する手術は海綿体の血管や神経を損傷してしまう場合があります。その事によって勃起ができなくなってしまう例もあります。ですので、もしも手術する場合は、事前に医師とよく話し合うようにしましょう。損傷が大きければ、ED治療薬などを利用しても勃起できなくなってしまう事があります。

また、交通事故などによって骨盤骨折や脊椎損傷してしまった場合もEDになってしまう場合があります。どの程度の外傷なのかによっても異なりますが、時間がかかっても治療が可能なケースもあります。

神経の障害

勃起は、性的刺激を受けると脳が指令をだし、陰茎に血流を流し込むことで起こります。この時、脳の指令は神経を通じて伝達されます。ですのでいずれかの神経に障害が起きると脳から出た指令が陰茎に伝わらず、勃起しないという事になってしまいます。EDになるとされている神経の障害は、脳腫瘍、脳出血、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などです。

それ以外の病気

上記以外にも、病気が原因でEDとなってしまう場合もあります。泌尿器科系の疾患である前立腺炎、精巣静脈瘤、前立腺肥大症などはEDの原因になります。それ以外に慢性腎不全、血液透析を受けている方、多発性硬化症、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍などでEDが発症する事もあります。また、生まれつきの病気で陰茎の形によって性行為ができない場合もあります。

心因性ED

心因性ED

心因性EDとは、文字通り、精神的な事が原因でEDになってしまう事です。年齢問わず発症しますが、最近は若い方に多いと言われています。心因性EDは、さらに3つに細分化されます。

現実心因

現実心因とは、現在実際に起こっている悩みやストレスなどが原因となっている事です。具体的には、下記のようなものになります。

  • 性に関するトラウマ
  • 緊張やプレッシャー
  • 性器のコンプレックス
  • 相手との関係
  • 性的な無知・未熟
  • 性行為に対する罪悪感
  • 失恋や離婚

また、上記のような相手との関係や性的な問題だけでなく、

  • 疲れ
  • 仕事や人間関係、経済問題などのストレスや悩み
  • 事故や災害などのトラウマ
  • 睡眠不足

など、日常的な問題も関係します。男性の勃起機能は大変繊細です。そのため、気になる事があるとうまく勃起できなくなってしまいます。

現実心因は自覚がある事がほとんどです。日常的な問題がほとんどで、これらは悩みやストレスの元になっている問題が解決すれば解消される事もあります。ただし、人間関係や仕事の問題など、すぐに解決するのが難しい場合は、解消するまでに時間がかかってしまうケースもあり、悪化してしまう事が多いとされています。症状によっては、不安を先に抑える事で改善できるケースも多くあります。通販では精神安定剤、抗不安薬などが販売されていますので、不安やストレスが大きすぎる方は、精神的な症状を改善する事から始めるのもおすすめです。

深層心因

一方、深層心因は、日常的なストレスではなく、文字通り深層心理にある事が原因で、自覚がないものが多いと言われています。多いものは下記のものです。

  • 幼少期のトラウマ
  • 近親相姦
  • 同性愛
  • 自覚のない憎しみや怒り

上記以外にも様々なものがあります。自覚がない分、原因を追究するまでに時間がかかります。特に幼少期のトラウマなどである場合は専門的なカウンセリングが必要になる場合もあります。自覚がない事が多いため難しいのですが、気になる点があれば早めに治療を受ける事がすすめられています。

精神疾患

うつ病や躁うつ病、不安障害、統合失調症などの精神疾患が原因でEDになってしまうケースは非常に多いです。特にうつ病は、何に対してもやる気がなくなってしまいますので性欲も全くなくなってしまう方がほとんどです。さらに抗うつ剤などは副作用としてEDの症状があらわれる事もあるため、さらに悪化しやすくなってしまう傾向があります。アルコール依存症や薬物依存症などの場合もEDになってしまう事があるとされています。

精神疾患が原因である場合は、まずはその症状を改善させる事が先になります。お薬の副作用でEDになってしまっている場合は、他のお薬に変更できないか、医師に相談してみましょう。なお、抗うつ剤は通販でも販売されていますので、ご自分でお薬を選んで購入するという選択肢もあります。

薬剤性ED

薬剤性ED

薬剤性EDとは、服用しているお薬の副作用でEDになってしまう事です。実は、副作用が原因でEDになってしまっている事は多いと言われています。日本は、EDは命に関わる重大な副作用ではないとされています。そのため、EDの副作用があるお薬でも、副作用としてEDが明記されていない場合があります。ですので、実は知らないうちに服用しているお薬のせいでEDになってしまっていたという事はよくあるようです。中には医師や薬剤師ですら把握していない場合もあるので注意が必要です。服用しているお薬がある方は、副作用としてEDがないか、確認するようにしましょう。

副作用として特にEDがあらわれやすいとされているお薬は以下になります。

  • 降圧剤
  • 抗うつ剤
  • 抗精神病剤
  • 抗てんかん剤
  • 抗潰瘍剤
  • 睡眠剤
  • 脂質異常症治療剤
  • 抗男性ホルモン剤

上記のお薬を服用している方は特に注意が必要です。ただし、もちろん服用しているお薬を突然中断してしまっては命に関わる危険もあります。副作用としてEDが思い当たる方は、ご自分の判断で中断したり減薬したりせずに、医師に他の薬に変更できないかを相談してみましょう。

混合性ED

混合性EDとは、文字通り、上記の原因が複数あって発症しているEDです。日本ではこの混合性EDが原因でEDになっている方が最も多いとされています。複数の原因で起こっているため、改善するのに時間がかかってしまう場合があります。たとえば、糖尿病でEDになってしまい(器質性ED)、それを気に病んでさらに心因性EDになってしまうなどの状態です。

特にEDになってしまうと気持ち的に落ち込んでしまう方が多いのですが、これはEDを悪化させてしまう原因になります。ですのであまり考えすぎないようにする事が大切です。ED治療薬(勃起薬)を利用すれば、様々なEDの原因があっても、高い確率で改善させる事ができます。混合性EDは特に悪化しやすい原因ですので、できるだけ早めに対処しましょう。

年代別に多いEDの原因

年代別に多いEDの原因

EDになる原因は非常に様々ですが、年代によって、なりやすい原因が異なってきます。今やEDは、何歳の方がなってもおかしくないありふれた病気です。なりやすい原因を知って、注意するようにしましょう。

20代に多いEDの原因

20代の方が多いのは、圧倒的に精神的なものです。特に緊張、プレッシャー、経験が浅い事などに起因します。自慰では射精できるのに、相手を前にすると射精できなくなってしまう事も多くあります。また、相手の前でかっこう悪いところを見せたくないという意識が強すぎてもうまく勃起できません。これらは経験を積めばある程度解消されます。

それ以外に、刺激の強いオナニー、過激なAVなどによって、現実の女性では刺激が足りずに射精出来ない場合もあります。また、アニメや漫画などの二次元でしか勃起しないケースも若い方に多いと言われています。空想の世界だけで満足できるのであれば別ですが、現実の女性で射精したいのであれば、過激すぎる情報はなるべく遮断し、現実の刺激でも射精できるようにしましょう。

30代に多いEDの原因

30代になると、お仕事など現実のストレスによって勃起できなくなってしまうケースが増えてきます。責任のある立場になり、家庭を持つ方も増えますので、それが気になってうまく性行為に集中できなくなってしまうのです。また、ご結婚されている方は妊娠を望むご夫婦も増えますが、妊娠のための性行為がプレッシャーになってしまう方も急増しています。奥さんからのプレッシャーがあまりにも重い場合は、話し合う事も必要です。

40代・50代に多いEDの原因

40代・50代になると、生活習慣病になる方が増えてきます。特に糖尿病になると80%程度の方がEDになるとされています。ですので、生活習慣を改善しながら治療をする事が大切になってきます。ただし、長年の生活習慣は簡単に変えられるものでもなく、また、長年の蓄積である事から、改善したからと言ってEDの症状がすぐに改善されるとは限りません。改善するためには、ED治療薬を利用する事が最も簡単で時間もかかりません。レビトラは糖尿病の方にも効果があると言われていますので、病気の治療がすぐには難しい方はレビトラを利用してみましょう。

60代以降に多いEDの原因

60代以降なると、加齢によって多くの方がEDになってしまいます。これは男性ホルモンが減少してしまう事が大きな原因です。ですが、年齢だからと諦めてしまう必要はありません。60代以上の方でも、多くの方がED治療薬を利用して、EDを改善させています。「100歳でもビンビン」という事はさすがに難しいかもしれませんが、男性は、ED治療薬をうまく利用すれば、体力さえあればいくつになっても硬い勃起を維持する事ができるのです。諦めてしまう前に、ED治療薬を試してみましょう。ほとんどの方が、驚くような効果を得られるはずです。

EDの原因を知ったら早めに改善を(まとめ)

EDの原因を知ったら早めに改善を(まとめ)

以上のように、EDは年齢関係なく、いつ誰が発症してもおかしくない病気なのです。まだEDの兆候がない方は原因を知る事で予防をする事ができますし、EDが気になり始めた方は、生活習慣などに気をつける事で悪化する事を防ぐ事ができます。

EDの原因は非常に多岐に渡り、中には専門的な治療が必要になるものもありますし原因となっている病気の治療が先決である場合もあります。ですが、ED治療薬はどのような原因の場合でも大きな効果を発揮します。服用するだけで射精までしっかりとした硬さを維持する事ができます。

病気の治療と併用している方も多く、早めにEDの治療を開始すれば、悪化するのを防止する事にもつながります。諦めてしまう前に、お薬を上手に利用して早めに対策をするようにしましょう。