EDには生活習慣が大きく関係します。EDの予防、悪化防止のために気をつけるべき方法・対策をご紹介します。

サイトマップ

EDの予防・悪化防止のための方法と対策

EDの予防・悪化防止のための方法と対策

ED(勃起不全・勃起障害)の原因は非常に多くの種類がありますが、その中でも、生活習慣は大きな要因となってしまいます。ですので生活習慣を改善する事でED(勃起不全・勃起障害)を予防・悪化防止をする事は可能なのです。既にEDになってしまっている方はもちろん、まだEDの症状がない方も、将来EDにならないために、予防方法を知っておきましょう。

生活習慣と言っても色々とありますので、特に気をつけるべき点・改善するための簡単な方法をご紹介します。喫煙、ストレス、不規則な生活などはEDを悪化させる原因になってしまいます。忙しい現代社会ですべてを正しく行う事はほぼ不可能でしょう。ですが100点満点にするのは難しくても、30点を60点に改善するだけでも10年後は全く変わってきます。早めに改善すれば年齢を重ねても心身ともにハツラツとした人生を送る事ができるようになります。EDだけでなく、健康面のためにも、気付いた時点で対策を考えましょう。

喫煙

喫煙

「禁煙をしたらEDが治った」という方は驚くほど多くいらっしゃいます。つまり、それほど喫煙は男性の勃起に悪影響だと言えます。喫煙のEDに対する影響は様々な調査結果があります。タバコを吸う人は、吸わない人に比べて中程度から高程度のEDになる確率は2倍になると言われています。

参考:喫煙とは(wikipedia)

喫煙がEDになりやすい原因はいくつかありますが、まず、タバコに含まれるニコチンは、交感神経を刺激し、緊張させやすくする作用があります。緊張していると勃起しにくくなってしまいます。さらに、交感神経が活性化すると血管が収縮します。勃起は陰茎に血液が流れる事で起こりますが、交感神経が優位になってしまうと陰茎に血液が運ばれにくくなってしまうのです。また、タールと一酸化炭素は血液をドロドロにしてしまいます。するとやはり陰茎に血液が流れにくくなり、勃起しにくくなります。

タバコはビタミンCを消費する事でも有名ですが、ビタミンCが不足すると男性ホルモンのテストステロンが減少してしまい、これも勃起力の低下につながってしまいます。

また、ご本人だけでなく、会社やご家庭などで受動喫煙の機会が多い方も、喫煙する方と同じくらいのリスクがあります。これはご本人にはどうしようもない場合が多いのですが、喫煙者が身近にいる場合は、できるだけ分煙するなどの協力を仰ぐことをおすすめします。

喫煙している期間が長いほど、また、吸っている本数が多いほどEDになるリスクが高くなってしまいます。ですが、タバコはニコチン依存などのためになかなかやめる事ができない方も多いかもしれません。ご自分の意志でタバコをやめる事ができない方は、禁煙外来で処方される禁煙補助薬のチャンピックスなどを利用して、早めに禁煙をしましょう。タバコはまさに「百害あって一利なし」です。タバコと男性としてのプライド、どちらを選ぶか、将来のためにも真剣に考えてみましょう。

チャンピックスの通販はコチラ

不規則な食生活

不規則な食生活

日常の食生活は、勃起機能に対しても大きな効果をもたらします。ですが、精力をつけたいからとお肉などこってりしたものばかり食べていては逆効果なのです。勃起にとって何よりも大切な事は「血流」です。ですので、血流をよくする食生活こそがEDの悪化防止、予防になると心得ておきましょう。もう少し具体的に言うと「メタボになりやすい食生活=EDになりやすい食生活」なのです。

メタボは動脈硬化につながります。動脈硬化はEDになる大きな原因のひとつです。血液が流れにくくなってしまいますので、当然陰茎への血液も流れにくくなってしまい、うまく勃起できないという事になってしまいます。ですので動物性脂肪の多い食事、高カロリー、スナック菓子、揚げ物、ジャンクフードなどはできるだけ避けるようにしましょう。

参考:動脈硬化症とは(wikipedia)

また、高血圧や肝機能障害もEDの原因となってしまいます。これらの病気は塩分の多い食事をとりすぎると発症しやすくなってしまいます。インスタント食品や市販のお惣菜などには塩分が多く含まれています。カップラーメンなどは極力控えましょう。

毎日健康に気を付けた食生活をするというのは大変ですが、少し意識を変えるだけでもだいぶ変わります。脂質の高い食事などがどうしてもやめられないという方は、脂質をカットするゼニカルなどの脂肪阻害剤を利用しましょう。摂取した脂肪の40%を排出してくれる効果があるため、好きな食べ物を我慢する必要がありません。お付き合いで焼き肉やラーメンなどがどうしてもやめられないという方にもおすすめです。

ゼニカルの通販はコチラ

運動不足・肥満

運動不足・肥満

運動不足もEDを悪化させる原因となってしまいます。運動不足になると血行が悪くなってしまい、EDになりやすくなってしまいます。筋肉ムキムキになる必要はありませんが、血流をよくするためにも、できるだけ定期的に運動する事が推奨されています。

また、運度不足になると男性ホルモンのテストステロンが分泌されにくくなり、性欲低下を招いてしまいます。テストステロンは年齢を重ねるごとに低下していってしまいますので、若い男性だけでなく、中年以上の男性も運動が必要になります。

実際に、肥満男性を対象に、8週間管理した低カロリー食で生活したところ、体重は減少したのはもちろん、テストステロンの分泌量も改善されたという結果があります。運動不足、肥満は、男性としての面でも健康面でも、いい事は何一つもたらさないのです。

そうは言っても、運動が苦手な方が急に運動をするのは逆にストレスになってしまいかねません。どうしても運動をするのが苦手、時間がないという方は、脂肪を燃焼したり食欲を抑制したりする効果のあるダイエットサプリメントを使うのもおすすめです。脂肪が蓄積されにくくなり、血流もよくなる効果が期待できます。

ダイエットサプリメントの通販はコチラ

ただし、注意点があります。運動と言ってもなんでも言い訳ではなく、サイクリングは注意が必要です。サドルによって下半身が圧迫されてしまい、血流が悪くなってしまう危険があります。必ずしも悪影響だけがあるわけではありませんが、サイクリングをする場合は、圧迫しにくいサドルに変更するなどしましょう。

手軽にできるオススメの運動はスクワットです。下半身も鍛える事ができ、いつでもどこでも行う事ができます。ただし、間違ったフォームでは効果がないため、正しいフォームでするようにしましょう。

お酒の飲み過ぎ

お酒の飲み過ぎ

適度なお酒は、リラックス効果もあり、性行為においてもプラスの影響をもたらします。ですが、お酒を飲む方でしたら、「飲みすぎてたたなかった」という経験はあるのではないでしょうか。

アルコールは、ストレスを抑えこみ、本能的な部分が優位にさせる作用があります。お酒を飲み過ぎて理性がなくなってしまった経験がある方も少なくはないかもしれません。適度な量であれば、以上の事から性行為にいい影響をもたらす場合がありますが、過度な飲酒はその本能までも抑えこんでしまいます。

また、日常的なお酒の飲みすぎは肝機能障害や慢性肝疾患の原因となります。これらの病気はEDの原因となってしまいます。さらにお酒を長期的に飲みすぎると精巣萎縮を招き、男性ホルモンの分泌を低下させるとされています。ですので毎日晩酌がやめられない、という方は注意する必要があります。

では、具体的にどれくらいのお酒の量なら大丈夫なのか、というのは個人差がありますので厳密には言えません。強いていうのであれば、ほろ酔い程度ならセーフ、酩酊状態はアウト、とも言えますが、それが毎日なのかたまになのかでも異なります。お酒の耐性についてはその方の体質にもよりますので、ご自分の状態をしっかりと確認しながら飲むようにしましょう。

もしも「お酒がやめられない」となっている場合は、アルコール依存症となっている危険があるため注意が必要です。最近は通販を利用すれば、断酒補助剤のレグテクトなどが購入できます。お酒を飲みたい欲求を抑える事ができ、無理なく禁酒する事ができます。どうしてもお酒をやめられない方は、EDを悪化させないためにも控えめにするようにしましょう。

レグテクトジェネリックの通販はコチラ

不安・ストレスが多い

不安・ストレスが多い

EDは、不安やストレスなども大きく関係します。男性の勃起の仕組みは非常に複雑なため、性行為に対する緊張やプレッシャー以外にも、日常のお仕事、人間関係、経済的問題など、悩みや心配ごとがあるとうまく勃起できなくなってしまうのです。

ストレスや悩みが大きいと、EDだけでなく日常生活にも大きな支障が出てしまい、うつ病や不安障害になってしまう危険があります。ストレスや悩みをためない事が一番ですが、多様化した現代社会でストレスゼロで生きる事はほぼ不可能でしょう。ストレス解消といっても、それすらままならないほどお忙しい方も増えています。

また、経験が少ないために過度に緊張してしまい、自慰では射精できるのに、いざ相手を前にしてしまうとできない方も増えています。そして失敗してしまうと、さらにそれがトラウマとなり、EDが悪化してしまう原因にもなってしまいます。

そのような方は、まずはストレス、不安をやわらげる事が大切です。通販では不安をやわらげ、気持ちを落ち着かせてくれる抗不安薬が多く販売されています。病院で処方されるお薬ですので安心して服用する事ができます。

抗不安薬を服用するのが心配だという方は、不安感をやわらげてくれる効果のあるセルピナというサプリメントも販売されています。お薬ほどの即効性はありませんが、服用を続ける事で気持ちを落ち着かせてくれます。100%天然成分ですので副作用もなく、安心して利用する事ができます。不安や悩みがある方は、セルピナなどのサプリメントを利用してみましょう。

セルピナの通販はコチラ

睡眠不足・寝不足

睡眠不足・寝不足

睡眠不足や寝不足はEDを悪化させる原因となりえます。その原因はいくつかありますが、疲労が回復できない事が原因です。まず、一番大きな原因が、睡眠不足になると勃起に大きく関係するテストステロンという男性ホルモンが分泌されにくくなってしまう事です。このテストステロンは、一番分泌されるのが睡眠中です。ですので睡眠時間が短かったり眠りが浅かったりするとテストステロンが分泌されなくなってしまい、うまく勃起できなくなってしまうのです。

また、自律神経の乱れも大きく影響します。本来、人間は活動的になる交感神経とリラックスする副交感神経がうまく切り替わるようになっています。ですが睡眠不足などによって自律神経が乱れてしまうと、たたなくなってしまったり中折れしてしまう事になります。何故かというと、勃起は副交感神経が優位になった時に起こります。緊張している場合に勃起しにくいのは交感神経が優位になってしまってるためです。

忙しい現代人は交感神経が優位になってしまい、リラックスするために切り替えるのが難しくなってしまい、自律神経失調症となってしまっている方が増えています。交感神経が優位になってしまうと常に緊張状態のため、しっかりと勃起できなくなってしまうのです。

参考:自律神経失調症とは(wikipedia)

それ以外に、眠いと体力、集中力が低下してしまうのは当然ですので、性行為に集中できなくなってしまいます。また、極度に眠い場合は、性欲よりも睡眠欲の方が勝ってしまいます。体が命の危険を感じるほどの限界だと判断したら、どんなに性欲の強い男性でも、睡眠欲が勝ってしまうのは当然なのです。

最近は、ストレスなどでなかなか寝付けないという方が増えています。また、眠ったつもりでも眠りが浅く、疲れがとれないという方も多いようです。睡眠不足を最も簡単に改善する方法は、睡眠薬を利用する事です。最近の睡眠薬は安全性が高く、正しく利用すれば依存の危険はほとんどありません。

日本では睡眠薬はマイスリーが最も有名ですが、マイスリーとほぼ同等の効果で依存になる危険もマイスリーよりも少ないルネスタが人気になっています。病院に行かずに通販で購入できますので、EDの予防と健康、若さを保つためにも、寝不足が気になる方はルネスタなどの睡眠薬を利用して早めに改善しましょう。

ルネスタジェネリックの通販はコチラ

EDが悪化しないように早めに予防を(まとめ)

EDが悪化しないように早めに予防を(まとめ)

以上のように、EDを悪化させてしまう要因は日常生活に非常に多くあります。ですので生活習慣を改善すれば、EDの悪化を防止したり、予防する事につながります。ですが、忙しい現代社会で、すべてにおいて規則正しい生活を送るというのは不可能に近いでしょう。仮にできたとしても、それがストレスになってしまっては、EDを悪化させる要因になってしまいかねません。

また、EDには様々な原因があるため、生活習慣を改善しただけでは完全なEDの悪化防止になるとは言えません。時間もかかりますし、確実とは言い切れないからです。少しでもEDの兆候を感じたら、レビトラなどのED治療薬(勃起薬)を利用してED・勃起不全・勃起障害を改善するのが一番簡単で確実な治療方法です。悪化してから後悔する前に、できるだけ早めに対策をとりましょう。

レビトラの通販はコチラ