レビトラを個人輸入してみた方の体験談を掲載しています。ED治療との向き合い方や入手方法など参考にして下さい。

サイトマップ

レビトラ体験談(体験年齢30歳)

僕は30歳という若さで勃起障害に悩まされていました。
勃起障害といっても勃起不全というように全く立たないわけではなく、最初は勃起していても性行為が進むにつれて勃起力が弱まり、最終的に射精までたどり着けないという状態でした。
付き合っている彼女とは、「自分の魅力がないのか」とか「自分に飽きてしまったのか」と口論になり、何度違うといっても理解してもらえませんでした。
その結果、彼女とは破局を迎えてしまったのです。
このままではいけないという思いで見つけたのがレビトラというED治療薬でした。
レビトラとはバイアグラの次の開発されたED治療薬で、バイアグラよりも即効性があり持続性が長いのが特徴の薬です。
その薬を持って、別れた彼女ともう一度再会しました。
そして自分の症状と薬を見せて彼女にすべて打ち明けたのです。
すると彼女は僕を温かく迎え入れ、二人で頑張って治療していこうと言ってくれたのです。
その日、レビトラを服用して性行為に挑むと、今までとは全く違う自分がいました。
興奮と勃起がきちんと一致して、10代の頃のようにペニスがじんじんと膨大していたのです。
しかも服用してから15分という短さでこの効果が現れたので、僕も彼女も驚いて笑ってしまったほどです。
これなら途中で中折れすることもなく最後まで行けると自信が出た僕は、自信満々で彼女との性行為を楽しみました。
そして今までにないくらい豪快に射精した後、もう一度彼女を押し倒し、2回戦までしてしまったのです。
10代の頃なら2回戦も余裕でしたが、まさか30代になってまで2回戦を楽しめるなんて夢のような時間でした。
彼女もこんなに強引で自信に満ち溢れた僕を見るのは初めてだと、今一度惚れ直したようでした。
それからというもの彼女との関係も元通り修復され、彼女も僕自身も満足できる生活を送っています。
さらにレビトラを使い出してからうれしい変化もありました。
それは自信が生まれたことで、レビトラを使用しなくてもしっかりとした勃起を感じる時があるということです。
毎回の性行為でレビトラを必要とするのではなく、自分自身で性行為を成功させる日も出てきたのです。
勃起というのは精神面が大きく関係しているそうなので、自信を取り戻したことによって精神的にも安定したのかもしれません。
勃起障害という男として致命的な病気を改善できて、さらに彼女との関係も改善され、僕のレビトラ体験はいいこと尽くしです。
本当にレビトラには感謝してもしきれません。

レビトラ体験談(体験年齢49歳)

私は今年49歳になる男性で、一つ違いの妻がおります。
私は仕事が忙しく、帰宅してもベッドに入ると直ぐに眠ってしまうという有様でしたので「夜の生活」をなおざりにしてしまい、夜以外の日中でも妻との関係がギクシャクとする様になり、それまでに無い程に怒りっぽくなり始めたのです。
心当たりを探って見ると「夜の生活」に手を抜いていた事に気が付き早めに帰宅して、妻をセックスに誘いました。
久しぶりだからなのかペニスが勃起はするのだけれども、固くならないのでヴァギナは濡れていて挿入しても中折れしてしまいうまく行かないので、これは「ED」かも知れないと感じ、EDの治療を行うクリニックを探してから私のレビトラ体験が始まります。
私は持病はなく健康である事を医師に伝えると、レビトラを処方してくれました。
レビトラはドイツで作られたEDを治療薬であるそうなので、医師に説明によれば抜群に効くと言われていましたが、また失敗するんじゃないだろうかという不安もありましたが、レビトラ体験者の口コミでも高い評価を受けているのは確認済みです。
食前の30分程度前の空腹時に、服薬すれば良いというので早速試して見ました。
そしていよいよ「本番」の時がやってきて薬が効いてくるだろうとという時間になった時計を確認した直後辺りから、何かが突き上げくるような力が湧いてきます。
半ば義務感で仕方なく行為をする妻は、久々に私のペニスが傍目から見るだけでも、ギンギンにそそり勃ち血管が浮き出ているのがわかる程で、妻からは「凄いじゃない」と褒められ、普段は余りしない妻からのフェラチオをして貰いました。
その瞬間私は20代に妻と出会った頃の若々しい時を、思い出しながらも久々の快感で、それと同時にこれが、レビトラ体験をするという事なのかと驚きを隠せません。
特に妻は余りセックスには消極的なのに、まだ前戯の段階であるというのに妻もセックスに飢えていたのかも知れません。
そしていよいよペニスをヴァギナにインサートしましたが、中折れするどころか一晩中でも、ピストン運動出来るくらいで、女性がオーガズムを感じるのは男性より遅いという傾向がありますが、その様な事は一蹴出来るくらいの元気さです。
妻のヴァギナに挿入して妻が凄い声で喘ぎだして、オーガズムを感じ出しました。
でもまだ何回もトライ出来そうなので、3、4回満足させてあげられましたので、妻からは「今日は凄いじゃない。
どうしたの?」と質問されましたが、内緒にしています。
何故、何回もできたかというと、レビトラ体験をすれば良くわかるのですが、ペニスの性的感覚がやや鈍くなるのですがこれはデメリットではありません。
つまりこれは、早漏防止にも役立つ逸品であると言う事です。

レビトラ体験談(体験年齢56歳)

最近20歳年下の彼女ができて楽しい毎日を送っているのですが、性生活では元気を出すことができずにいました。
彼女は若いのでまだまだ元気で、今付き合って少ししかたっていないのでイチャイチャしてエッチをしたいというのをアピールしてくれます。
私も彼女のかわいい姿を見て気持ちは盛り上がっているのですが、どうしても年齢のせいなのか下半身が気持ちと同じように盛り上がりません。
そこで自分の力だけではどうにもならないと思い、体力をつける努力で運動はしてしまうが、下半身を元気にさせる方は医薬品に頼ることにしました。
始めはよく雑誌でバイアグラというものを見ていたのですが、この他にも同じような効果を得ることができて、服用しやすい医薬品があることを知ったのでその中のレビトラを服用することにしました。
いろんなサイトを開いてみて口コミを見ても良いことが書いてあり、何と言っても海外医薬品輸入代行サイトでは、値段もバイアグラよりも安くて使いやすさを感じたのです。
実際に彼女との性行為の前にレビトラ体験をしてみました。
服用もスムーズにできて、いざ性行為の時間になったのですが、彼女のかわいいエッチな姿を見たらすぐに反応をしてきて、ペニスがいつもとは比べものにならないくらい元気になりました。
最近は勃起不全で、まったく力のないペニスの為自信をなくしていましたが、勢いよくペニスが立ってきたので自分でも感動してしまいました。
気のせいか彼女も嬉しそうでいつも以上に良い雰囲気で、性行為の時間を過ごすことがでたのです。
もう年齢も56歳でそろそろ限界かな・・・と感じることもあったのですが、レビトラ体験をしたおかげでまだまだいけると自信が付きました。
最近は性行為の時にはレビトラを服用しているので、20歳年下の彼女にも負けないくらいのパワーで頑張っています。
気持が高まってきた時に、比較的早くペニスが反応をしてくれて大きくなるところも気に入っています。
他の勃起不全の治療薬を比べてみましたが、やはりレビトラが一番興奮を行った時の反応が早いのだそうです。
スムーズに性行為を行いたい方には、とてもオススメです。
製造販売している会社もドイツのしっかりとした製薬会社で作られているので、そういった意味でも安心して服用しています。
病院に直接行き処方してももらえますが、忙しい方はインターネットで処方箋なしでも購入できるので、その時の環境に合わせて買いやすいのも嬉しいです。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。