ジェネリック医薬品の国内需要は欧米50%強なのに対して日本15%弱となっており、原因は日本の医療制度に違いがあります。

サイトマップ

ジェネリック医薬品の需要

ジェネリック医薬品の国内需要は欧米50%強なのに対して日本15%弱となっています。
日本と欧米では何故こんなにも開きがあるのでしょうか?
この背景には、日本と欧米の医療制度の違いが影響しています。
実はあまり知られていませんが、日本は欧米に比べて医療制度が充実しているのです。
その大きな特徴が健康保険の存在です。
健康保険とは、条件に応じて医療費を7割〜9割を保険から負担してもらうことができるという制度ですが、欧米にはこの制度はありません。
そのため、個人に膨大な医療費を請求されることになります。
そこで目をつけられたのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は、特許が切れた新薬(先発医薬品)の有用成分と製造方法をそのままなぞっらて製造する後発医薬品です。
効果は新薬と同様のものが得られますが、開発費用がかからないということで安く市場に送り出すことが可能となっています。
これを受けて、医療制度が充実していない欧米では安いジェネリック品の需要が高くなるという傾向があり、医療制度が充実している日本ではわずか15%の需要にとどまるという結果になっているようです。
ただ、日本での需要が低い原因は医療制度だけの問題ではありません。
最近でこそ大手製薬会社もジェネリック医薬品の製造に乗り出していますが、20年ほど前はマイナーな企業しか製造していないという実情があり、医師のもとにジェネリック品の情報が入らず、その結果ジェネリック品に対して医師が信頼をおいていないという現状があったとのことです。
いまだに消費者の中にはジェネリック品に対する正しい認識を持っていない人が多いため、正しい情報を与えていくということが今後の課題でもあるでしょう。
ちなみに日本での今後の需要に関しては、伸びてくると予想されています。
医療費は健康保険、税金、自己負担から賄うことになっていますが、現時点で医療保険制度の財源が火を噴いているのが現状です。
少子高齢化も進み今後ますます厳しくなる傾向がみられているという現状もあって、実際に2025年には国民医療費は70兆円にも膨れ上がると考えられています。
そこで、医療費を抑えるためのジェネリック医薬品の需要に注目が集まってきています。
ちなみに今でも医療機関によっては処方してもらうことが可能であり、医師が出した処方箋に「変更可能」の明記があれば、患者の意思でジェネリック品に切り替えてもらうことも可能です。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る