インドは特許法が先進国と違います。薬の成分特許は認めず、製造特許のみ認めているためジェネリック医薬品の普及が早いのです。

サイトマップ

インドのジェネリック医薬品の魅力

世界的にもジェネリック医薬品は注目が集まっていると言えます。
最近は国内でもかなり注目度が高まってきています。
いわゆる後発医薬品のことです、日本ではあまり広まっていないという面がまだまだあります。
それは国内では先発医薬品の口コミ情報が多いため信頼が高まっていて後発の医薬品にはチャンスが少ないからです。
どうしてもそのような事は国内においてはまだまだあるのです。
それでも後発医薬品メーカーは価格面などで努力をして徐々にシェアを広げてきています。
これは患者さんの支店から考えましても安価で医薬品を手に入れることができるというメリットはあるのです。
ですので患者さんの方もジェネリック医薬品を積極的に利用すればますます普及が近づくというものです。
世界に目を向けると様々な国ではこの後発医薬品の注目度は国内以上に高まっています。
その中でもインドは特に世界でも一番と言えるくらい進んでおります。
インドは20世紀末から21世紀にかけてかなり経済的にも発展を遂げました、しかしまだまだ経済的格差が非常に大きく貧しい人は薬を買うこともできません、そのような人たちに無料で薬を提供しようと国が腰をあげました。
ジェネリック医薬品を無料で提供するという政策です。
無料で薬が提供されては医薬品メーカーは打撃があるのではないかと思う向きもあります、しかし医薬品メーカー、特に外資系医薬品メーカーがターゲットとしているのは富裕層です。
そのため無料で後発医薬品の提供を受けている貧困層とはターゲット層がかぶらないためさほど問題ないと考えられています。
しかもそれどころか、これはチャンスという考え方で捉えられています。
特にジェネリック医薬品を開発している後発医薬品メーカーはインド国内に力を入れています。
そのためインドはいまや世界でも類を見ない程の高利益率を後発医薬品で狙える国となっています。
そのため世界の医薬品メーカーが力を入れているのでインド国内で販売されているジェネリック医薬品を購入することは日本に住んでいる人にとってもメリットがある場合があります。
他国から薬を購入するのに抵抗があるという人もいますが、実は今はインターネットの普及でそのあたりの問題はほとんどなくなっています。
言葉の問題もなくなっており、日本語しかできないような人であっても簡単に薬が購入できます。
また配送にかかるお金もかなり安価です、そのため多くの人が利用するようになっています。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る