ブリトラは、センチュリアンが販売するレビトラジェネリックで成分や効果はレビトラと同一で薬価は低価格です。

サイトマップ

ブリトラ(レビトラジェネリック)について

ブリトラとは、レビトラのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは新薬(先発医薬品)の成分と製造工程をもとに製造された、新薬と同じ効果を持つ後発医薬品のことです。
新薬の開発には10年〜15年という歳月がかかり、開発費用も数百億円に上ります。
そこで開発費用を回収するために新薬には特許が設けられ、その特許期間中は独占製造・販売が可能となりますが、特許が切れた後に他の製薬会社が新薬に多少の手を加えて同じ有用成分と製造によって同じ効果の医薬品を作ることが可能となっています。
これがジェネリック医薬品と呼ばれる薬です。
レビトラはドイツのバイエル社が開発・製造、バイアグラに続いて発売された第2のED治療薬です。
血管を拡張させる作用があり、それによって血液の巡りを改善させることで勃起を促す効果があります。
服用から約30分で効果を発揮し、最長で10時間程度の効果が期待できます。
対するブリトラは、そのレビトラのジェネリック医薬品としてインドのセンチュリアン社が開発・製造しました。
ちなみに、レビトラの特許は2014年時点では切れていませんので通常ならレビトラのジェネリック医薬品は存在しないということになるのですが、インドは世界と異なる特許法を持っています。
そのことから、インド国内においては特許が持続している新薬のジェネリック品を製造することが可能です。
レビトラのジェネリック品はブリトラ以外にも存在していますが、いずれもインド製でしかジェネリック品は存在しないということになります。
偽造品も出回っていますので、この辺に注意して購入するようにしてください。
ちなみにレビトラは10rと20rがありますが、ブリトラの用量は20rのみの扱いです。
ブリトラはレビトラと同じ主成分であるバルディナフィルで製造されています。
バルディナフィルは水に溶けやすく、体内に吸収しやすい作用があるためレビトラの特徴である即効性をそのまま受け継ぎ同じ効果を得ることが可能です。
食事の影響を受けにくいので食後の服用もできますが、それでも空腹時に服用したほうが即効性は期待できるでしょう。
レビトラから服用を乗り換える人も多いですが、その理由としてはジェネリック医薬品の特徴でもある価格の安さが影響しています。
レビトラの価格相場が1錠1,500〜2,000円なのに対して、1錠200円〜300円程度ですのでかなり格安で入手することが可能です。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る