ジェビトラは、サンライズレメディが販売するレビトラジェネリックで成分や効果はレビトラと同一で薬価は低価格です。

サイトマップ

ジェビトラについて

ジェビトラとはED治療薬であり男性の特有の悩みである勃起不全を改善するレビトラと同一成分、同一効果を得られるジェネリック医薬品となっています。
勃起不全は単純に性的刺激を受けて勃起しないだけではなく、勃起はするが十分な硬さが得られない場合や女性の膣に挿入後、勃起を維持することができず、挿入中にペニスが萎えてしまうなど勃起不全といっても症状は様々です。

勃起は自律神経の中でも副交感神経の働きによって起きる生理的な現象であり、直接性的な刺激を受けた場合、あるいは人の五感、視覚や聴覚、嗅覚、味覚、触覚から刺激を受けた時に勃起中枢神経に信号が送られ勃起することができます。
信号を察知した時、NO(一酸化窒素)が大量に分泌されます。
このNOの細胞内には、サイクリックGMPが含まれており、この物質がペニスの血管拡張物質となっています。
それにより血液が集中的にペニスのスポンジ状となっている海綿体へと流れ込みます。
流れ込むと海綿体の静脈が締め付けられる状態となり充血するのでペニスが硬くなり勃起状態になります。
サイクリックGMPの特徴として酵素に分解されやすい性質をもっており、この酵素がPDE5と言われる物質です。
ですので、サイクリックGMPが分解されてしまうと、十分な硬さのある勃起ができなくなってしまいます。

レビトラをはじめ、バイアグラ、シアリスはED治療薬と言われておりますが、どの治療薬も正確にはPDE阻害薬という分類です。
ジェビトラもPDE阻害薬であり勃起不全の原因となっているPDE5酵素の働きを阻害して、ペニスに対する血流量を増やし、勃起を維持する効果があります。
ジェビトラを服用後、性的刺激を受ければ、硬さのある十分な勃起をすることができるようになります。

また特徴として即効性があるので、性行為の30分ほど前に水と一緒に服用することで効果を発揮します。
主成分はパルデナフィル塩酸塩水和物という成分で、水に溶けやすい性質をもっており、空腹時の服用であれば15分ほどで効果が発揮されます。
食事の影響を受けにくいのも特徴ですが、即効性を期待するのであれば空腹時の服用が最も良いです。
副作用は少なく、治療薬特有の顔が赤くほてったり、頭痛、鼻づまり、吐き気や動悸などが挙げられます。

販売はバルデナフィルの含有量で値段が異なり、20、40、60ミリグラムの3種類があります。
20ミリグラムで日本人の場合は十分な効果があるとされています。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。