ED(勃起不全)の定義、症状や簡単にできるED診断をご紹介します。EDは放置すると悪化する危険があるとされています。

サイトマップ

ED(勃起不全・勃起障害)とは

ED(勃起不全・勃起障害)とは

EDは、勃起不全の事です。症状やEDの診断、様々なEDのタイプについてご紹介します。全く勃起しない、いわゆる「インポ」を想像する方が多いかもしれませんが、「時々たたない」「中折れする」などもEDの初期症状に含まれます。また、高齢の方がなるものだと思われがちですが、近年はストレスなどで20代の男性でも多く発症しています。

EDは離婚、別れ、浮気の原因にもなってしまいます。放置していると症状は悪化してしまい、治療するのが難しくなってしまう場合があります。EDは日本では軽く考えられていますが、病気のひとつです。そして、男性としての誇りに関わる深刻な問題です。まずはどのような症状なのか知って、早めに対処しましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の定義

EDの定義は非常に幅広いのですが、「勃起機能の低下」を意味します。一般的には「何らかの原因により、満足のいく性行為ができないこと」とされています。具体的には、下記のようなものがEDの定義と言われています。

  • 十分な勃起が得られない
  • 勃起が維持できない
  • 性交の際に75%以上で性交ができない状態
  • 上記のため、満足な性行為ができない状態が3ヵ月以上続いている

最近はストレスなど様々な理由によって若い方も多く発症しています。高齢の方の病気ではなくなっているのです。日本人のEDの発症率は高く、成人男性の3人に1人がEDとされています。

また、朝立ちはする、自慰では勃起できるものの相手を前にするとうまく勃起できない、奥さんにだけ勃起しない、などもEDに含まれます。特定の状況で勃起しない、逆に特定の状況でしか勃起できない、などもEDになるため、自覚がないだけで潜在的なED患者の方はさらに多いと推察されています。

男性の勃起の仕組みは非常に複雑です。若い方でも発症しているとはいえ、高齢になるほど病気や生活習慣病などで悪化してしまいます。また、うまく勃起できない事がストレスになり、さらに悪化してしまう危険があります。「今日は疲れているからたまたまダメだっただけ」と言い訳をしていると、やがて深刻なEDとなってしまいます。

ED(勃起不全・勃起障害)の診断

ED(勃起不全・勃起障害)の診断

EDなのか気になるけど、ご自分では判断がなかなか難しいものです。EDかどうか、セルフチェックができますので、症状が気になる方は診断してみましょう。まずはご自分がどの程度の症状なのか確認するのが大切です。

上記の診断で高得点だった方は、早めに対処する必要があります。正常だった方も、EDにならないように日ごろから生活習慣などに気をつけましょう。EDは、年齢関係なくいつ誰が発症してもおかしくない病気で、少しずつ進行していきます。他人ごとと考えず、できるだけ早めに対処しましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の症状

EDの症状は、完全に勃起しないだけでなく、いくつか段階があります。重度のEDになってしまうと治療が困難になってしまうため、初期症状の自覚がある方は早めに対処することが大切です。

EDではない

性行為のたびに毎回十分な硬さを得る事ができ、維持する事も出来る状態です。この方は、今のところはEDである危険はほぼありません。

軽度ED

ほとんどの場合、十分な硬さを得る事ができ、維持する事も出来る状態です。失敗する頻度がたまにである方は軽度のEDです。たまに勃起しない、中折れしてしまうという程度でしたらあまり気にしない方が多いかもしれません。

ですが、見て見ぬふりをしていると勃起できない頻度があがってしまい、症状が悪化していってしまうケースが非常に多いとされています。このような症状があったら注意が必要で、できるだけ早めに対策をとる必要があります。

中等度ED

ときどき十分な硬さを得る事ができ、維持する事も出来る状態です。性行為の回数のうち、半分程度がうまく勃起できない、維持できない状態は中等度EDとされています。軽度EDの段階では気にしない方が多いかもしれませんが、半分も勃起しなくなってしまえば焦りだす方がほとんどでしょう。はっきりと自覚するようになるものこの頃になります。この状態になって、しっかりと対策ができるかどうかがこのまま悪化するかしないかの分かれ道になってしまいます。

完全(重度)ED

毎回十分な勃起ができない、または持続が維持できない状態になります。完全EDは、初期症状、中期症状の方に比べると割合は少ないとされています。ただし、もちろん重症化するほど改善するのが難しくなってしまいます。重症化すると治療薬などでの治療が不可能になってしまい、注射や手術に頼るしかなくなってしまいます。手遅れになってしまう前に、早めに治療するようにしましょう。

様々なED(勃起不全・勃起障害)の種類

様々なED(勃起不全・勃起障害)の種類

EDには、非常に多くの種類があります。多様化した現代だからこそ原因なども複雑です。「特定の状況・相手でしか勃起しない」あるいは逆に、「特定の状況・相手では勃起しない」などもEDに含まれます。今のところは特定の状況のみであったとしても、悪化すればどのような状況や相手でもEDになってしまう危険があります。気になる兆候がある方は、しっかりと把握しておきましょう。

若年性ED

かつてはEDは、中高年以降の男性に起こる症状とされていました。ですが最近は様々な要因で10代、20代、30代の若い男性でも多くの方が発症しています。若い人の場合、病院に行くのが恥ずかしいという気持ちが特に強い傾向にあるため、解決できないまま症状が悪化してしまうケースが多いとされています。また、自慰では射精できる、朝立ちはするという方も多く、自覚しにくいのが特徴です。

これは、若い男性がEDになる原因は、多くは精神的なものであるためです。コンプレックス、仕事などのストレス、疲れ、緊張やプレッシャーなどによってEDになってしまう方が増加しています。また、間違ったオナニーの仕方などによってEDになってしまっている方も多いと言われています。刺激の強いオナニーを繰り返す事で、膣では刺激を感じられなくなってしまうのです。

排卵日ED

結婚の晩年化が年々進んでいますが、女性は年齢を重ねるほど妊娠しにくなってしまいます。そのため、お子さんを望むご夫婦である程度の年齢になると時間との勝負になるため、不妊治療に取り組んでいるご夫婦も多くいらっしゃいます。

妊娠するのはもちろん膣内で射精する事が必要です。ですがいつでもいいわけではなく、妊娠しやすいタイミングというのものがあり、排卵日に性行為を行う事で着床しやすくなります。

ですのでこのタイミングで性行為を行うのがベストなのですが、男性の勃起は非常に繊細です。「しっかり射精しなくては」という気持ちが強すぎるとそれがプレッシャーになり、焦れば焦るほどうまく勃起できない場合もあります。また、奥さんが焦るあまり、心ない言葉を発してしまった事でそれに傷つき、ますます勃起ができなくなってしまうケースもあります。

妻だけED

妻だけED

性欲はあるのに、また、愛情はあるのに、奥さんにだけは勃起しない、付き合っている彼女にだけは勃起しない、というケースも多いようです。理由は様々ですが、マンネリ、飽きてしまった、刺激が足りない、女として見れない、子供ができてから妻というより母親、などの意見が多いようです。

家庭は本来は「安定」を得るものです。ですので緊張感がなくなるという事自体は決して悪いことではありませんが、男女の関係としては刺激が足りなくなってしまう事もあります。また、男性は狩猟本能がありますので、一度自分のものだと思ってしまえば追いかけたくなるという気持ちも薄れていってしまうのです。

そのままでは何年も性行為なし、という事にもなってしまいかねません。刺激が足りないのであれば、普段はしないような事に挑戦してみるのもいいでしょう。媚薬を利用したり、感度をよくするクリームを利用したりすれば、普段とは違った刺激的な時間を楽しむ事が期待できます。

バーチャルED

バーチャルEDとは、2次元、AVなどでは射精できるのに、生身の女性を前にすると勃起できなくなってしまう事です。最近はインターネットが普及したため、若い時から性的な情報を見知ってしまっている男性がほとんどです。2次元や過激なAVでの自慰で慣れてしまい、実際の女性では刺激が足りないために勃起できない方が増えていると言われています。

その事に焦りを感じているのならばまだいいのですが、「性欲はAVで満たすから実際の性行為はいいや」となってしまっては、EDが悪化してしまいます。一生自慰だけで満足できる方は別ですが、恋人がほしい、結婚したいと思っている方は、早めに対処する必要があります。現実と仮想は別物だとわけて考えましょう。

カン違いED

たまに勃起しないのはEDの初期症状と言えます。初期の段階であれば必要以上に気にする必要はないのですが、数回うまくいかなかっただけで過剰にネガティブになってしまう方もいらっしゃるようです。プレッシャーやストレスを感じるとEDはさらに悪化してしまい、自分を責めたり、一生治らないと勘違いしてしまって、うつ病に発展してしまう場合もあるようです。

初期症状であればEDを改善する方法はありますので、あまり気に病みすぎない事が大切です。悩みや不安はEDを悪化させてしまうという事を覚えておきましょう。

レビトラ・ジェネリックの最安値
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 152円〜

ブリトラ〜

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,277円〜

レビスマ

レビスマ

1錠 315円〜

サビトラマックス

サビトラマックス

1錠 450円〜

※サビトラマックスのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。