レビスマは新しいレビトラのジェネリックです。効果、副作用、成分などは同じですが通販で格安で購入できます。

サイトマップ

レビスマとは

レビスマ

レビスマ(levisma)は早ければ15分で効果がある事で有名なED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。スマート社が販売していて、成分、効果、副作用などはレビトラと同じですが、格安で購入する事ができます。

レビスマの効果

レビスマの主成分はレビトラと同じくバルデナフィルになります。ですので効果はレビトラと同様になり、服用すると15分から20分で効果があらわれます。

EDに悩む男性も、レビスマを1回服用するだけで性的刺激があればしっかりとした硬さになり、中折れする事なく満足のできる性行為が可能になります。

即効性が大きな特徴で、食事の影響も受けにくいとされています。そのため服用するタイミングを気にする必要もなく、服用の際も時間を気にするストレスがありません。カバンに忍ばせておけば急にそのような状況になったとしてもすぐに対応できるでしょう。

直前に服用しても、シャワーを浴びている頃には効果があらわれはじめます。レビスマならお相手に全く気付かれる事なく、スマートな対応が可能になります。

また、レビスマもレビトラ同様、糖尿病や肥満症の方への効果早漏改善効果も期待できます。

レビスマは20mgのみですので、持続時間は10時間とされています。ただし、日本人では副作用が強く出てしまう可能性があります。初めて服用する場合はピルカッターなどで半分に割って服用すればお得になります。半分にした場合は持続時間も半分の5〜6時間程度になります。

レビスマを通販で購入する方法

レビスマを通販で購入する方法

レビスマは日本では販売されていないので海外医薬品の通販サイトで購入する事ができます。病院に行く手間もなく、アマゾンや楽天など一般的な通販と同じような方法で、いつでも誰にも会わずに購入する事ができます。郵便局留めにできるサイトもあるのでご家族に知られたくない方も安心です。

ただし海外から発送されるため、到着までには10日前後かかります。余裕を持って注文するようにしましょう。

レビスマの服用方法

レビスマは即効性があるため、性行為の30分ほど前に水やぬるま湯で服用する事が推奨されています。用量は1日に1回まででです。次に服用する場合は24時間以上空けるようにしましょう。用量を超えた服用は危険ですので絶対にやめて下さい。

レビスマはバイアグラに比べると食事やお酒の影響を受けにくいのが特徴です。700kcalまでの食事でしたらほぼ影響がないと言われています。ただし脂質の高い食事は効果がなくなってしまう可能性があるので控えましょう。

お酒も適度であれば問題ありません。性行為はお酒や食事を楽しんでから、という方が多いでしょうし、そのような方にはレビスマはおすすめです。ただし、空腹時に比較すると食後に服用すると効果や即効性が若干落ちてしまうと言われています。より強い硬さ、即効性を求める場合には空腹時に服用するようにしましょう。

レビスマの副作用

レビスマの副作用

レビスマはバイアグラを改良したED治療薬と言われるレビトラのジェネリックですので、副作用はかなり抑えられています。多くあらわれる副作用は顔のほてり、目の充血、頭痛、めまい、動悸、鼻づまりなどで、ほとんどが軽度のものです。

ED治療薬は血行をよくする働きがあるのでこれらの副作用は仕方ないものと言われていて、副作用があらわれたら薬が効いてきた証と捉える方も多いようです。

ごく稀にものが青く見えたりする視覚障害があらわれる場合もありますが、いずれの副作用も重症化することはほぼなく、レビスマの効果が切れれば副作用もおさまります。ただし副作用があらわれた場合は車の運転や危険物の取り扱いなどはできるだけ控えて下さい。

レビスマは安全性の高いお薬ですが、もしも副作用が強い場合は、ピルカッターなどで半分や4分の1に割って服用するようにしましょう。副作用が長く続いたり症状がひどい場合は、すぐに医師に相談するようにして下さい。

レビスマの価格

レビスマはジェネリックですので、20mgは1錠360円程度から購入する事ができます。先発薬であるレビトラは病院で処方してもらう場合、1錠2000円ほどになり、診察代なども加算されます。ですので約5分の1程度の価格で購入する事が可能です。また、一般的な日本人の場合、20mgでは用量が多すぎるため、10mgで十分な効果を得られる事が殆どだとされています。レビスマは20mgしか販売されていませんが、10mgで効果が得られれば価格も半額に抑える事ができ、さらにお得になります。

半分にするには、ピルカッターなどを利用するのがおすすめです。ED治療薬は日本では保険が適用されないため高額で、治療の継続が難しいという方も多いかもしれません。レビスマでしたら格安ですので無理なく治療を続ける事が可能です。通販ではレビスマ以外にも様々なレビトラジェネリックが販売されています。他の種類のお薬を試してみるのもおすすめです。

レビスマの併用禁忌薬

レビスマの併用禁忌薬は、レビトラの併用禁忌薬と同様になります。硝酸薬及びNO供与薬、抗ウイルス薬、内服の抗真菌薬、クラスIA抗不整脈薬、クラスIII抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬などとは併用できません。レビスマは副作用も少なく、安全性が高いのですが、バイアグラなどに比べると併用できない薬が多いため、服用している薬がある方は注意が必要です。また、グレープフルーツと併用してしまうと副作用が強く出てしまう危険があるため控えましょう。

レビスマは通販で格安購入

レビスマは通販で格安購入

レビスマは、通販でのみ購入する事ができるレビトラのジェネリックです。レビトラの約5分の1の価格のため、価格を気にせずにEDを治療できます。1錠服用するだけでEDや中折れを改善してくれるため、簡単に男性のコンプレックスを解消してくれます。EDは放置していると悪化してしまう危険があるため、早めに治療薬を利用して治療しましょう。

すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 200円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

レビスマ

レビスマ

1錠 360円

サビトラマックス

サビトラマックス

1錠 450円

※サビトラマックスのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。