レビトラの入手方法には2種類あり、医療機関での処方と海外通販での購入があります。どちらにもメリット・デメリットが存在します。

サイトマップ
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。

レビトラ購入方法

レビトラの購入方法には2パターンあります。
一つ目が「医療機関での入手」、二つ目が「海外通販での入手」です。
双方にメリット・デメリットがあるので、内容を理解して自分に適した方を選びましょう。
医療機関での入手という購入方法は、医師の診察を受けて処方してもらう方法です。
メリットとしては、安全な購入方法として利用できるということでしょう。
正規品の入手が可能で、服薬指導もしてもらえるので摂取に関する危険を回避できます。
受診科目は泌尿器科が一般的ですが、内科や美容外科などでも処方してもらうことが可能です。
また、普通の病院が恥ずかしいという場合はメンズクリニックもあります。
本来、レビトラは医師の処方のもとで購入するものですので、購入方法としてはこちらが正規ルートとなるでしょう。
また、患っている症状によっては服薬を勧められない人もいるので、健康でない人は必ず医師を通すことになります。
対するデメリットは、価格の高さです。
レビトラの価格は医療機関ごとに異なりますが、相場としては1錠1,500円〜2,000円です。
そこへ診察料(や初診料)がプラスされるので、自由診療というのも考慮すると1錠の処方で5,000円〜1万円程度は見ておく必要があります。
輸入通販での入手は、専門業者を通して個人輸入するという購入方法です。
メリットとしては、安く入手できるということでしょう。
医師の診察を受ける必要がないので診察料はかからず、レビトラそのものの価格だけになります。
相場は医療機関での処方同様に1錠1,500円〜2,000円で、購入条件によっては関税もかかりません。
対するデメリットは、安全性に欠けるという点です。
世界にはレビトラの偽造品が数多く出回っています。
そのため、信頼できる業者を通さないと偽造品をつかまされてしまう可能性があるでしょう。
万が一偽造品を服用した場合、効果が出ないというのはまだいい方で、どんな健康被害が出るのか予測できないのが怖いところですね。
そのため安易に利用するのはよした方が無難です。
さて、このようなメリット・デメリットがありましたが、どちらのほうがいいと思ったでしょうか。
いずれにしても周りに知られることなく入手することは可能ですので、そういう意味ではどちらでも構いません。
ただ、安全はタダでは買えませんが、使用深度によっては高額では使い続けることができないでしょう。
自分のEDの程度、性行為の頻度を考えてどこから購入するのかを検討してみてください。
TOPに戻る