勃起の仕組み(メカニズム)は実は非常に複雑です。脳が興奮して神経から命令があると海綿体に血液が大量に送られペニスが勃起します。

サイトマップ

勃起の仕組み(メカニズム)

勃起の仕組み(メカニズム)

EDの方は、勃起の仕組みを理解しておくことも大切です。実は非常に複雑なメカニズムがあり、様々な原因により勃起する過程でどこかに不具合があるとうまく勃起できず、EDとなってしまうのです。重要なのは、脳、神経、血流です。EDの方はこれらに問題がないか確認しましょう。

神経が勃起の命令を出す

まず、勃起するには神経が大切になります。最も単純なのは性的刺激がある場合です。これは脳が神経に勃起の命令を出します。そしてもうひとつは、朝だちなど脳を介さずに反射として勃起する場合もあります。脳を介する場合、大切な事は脳がリラックス状態にある事です。興奮とリラックスは一見すると真逆ですが、リラックスの反対は緊張です。性行為に慣れていなくて緊張している場合や、仕事などでストレスがある場合は脳が緊張状態になっているため、性的興奮に至らないケースが多くあります。うまく勃起できないのはこのためです。

サイクリックGMPによって血管が膨張して勃起する

勃起中枢から命令が出ると、体の中では一酸化窒素が生成されます。この一酸化窒素は「サイクリックGMP」を活性化させる働きがあります。サイクリックGMPとは陰茎の血管を拡張する働きがあります。血管が広がって陰茎に大量の血液が流れこみます。このことによって勃起が初めて起こるのです。ですので勃起に大切なのは「血流」という事になります。「チントレ」などというものもありますが、筋肉を鍛えたところで勃起力には基本的に関係ないと見ていいでしょう。

PDE5によってサイクリックGMPが分解

ですが日常生活において、ずっと勃起しっぱなしというわけにはいきません。そこで、このサイクリックGMPを分解する物質が必要になります。それが「PDE5」です。PDE5は体内に常に存在しますが、射精した後に特に活発化し、勃起をおさえる働きがあります。

レビトラなどはPDE5を阻害する働き

レビトラなどはPDE5を阻害する働き

EDは、何らからの原因により、PDE5が予期せぬタイミングで活性化してしまうために起こります。中折れなどもPDE5がほとんどPDE5が影響しています。レビトラなどED治療薬は、このPDE5を阻害する働きがあります。そのため、ED治療薬は「PDE5阻害薬」とも呼ばれます。

ED治療薬には違いがありますが、EDに対する働きはPDE5を阻害するという意味ですべて同じになります。ですので、ED治療薬は、医学的に効果を認められた医薬品として利用されているのです。

勃起の仕組みは血流が大切

以上のように、勃起するには脳、神経、血流が非常に大切で、特に海綿体に血流を大量に流しこむ事で勃起する仕組みになっています。EDや中折れを防ぐには、勃起をおさえるPDE5の働きをおさえる必要があります。

レビトラなどED治療薬はPDE5をおさえる効果がある医薬品です。EDや勃起不全に悩む方は是非お試し下さい。医療医薬品ですのでレビトラは病院の処方が必要ですが、海外医薬品を通販サイトを利用すればレビトラやレビトラのジェネリック医薬品を病院に行かずに簡単に購入する事ができます。非常に複雑なメカニズムによって勃起は起こりますので、放置していては悪化してしまう危険があります。「今日はたまたま疲れいるから」と簡単に考えず、薬の力を利用するのも大切です。

レビトラ・ジェネリックの最安値
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 200円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

レビスマ

レビスマ

1錠 360円

サビトラマックス

サビトラマックス

1錠 450円

※サビトラマックスのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。