レビトラジェネリックが売れる理由は、同一成分で同様の効果であれば薬価は安いに限る為です。

サイトマップ
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。

レビトラジェネリックが売れる理由

レビトラジェネリックの効果

錠剤 EDになる理由は人それぞれ違いがありますが、今は良い治療薬もでき、そうした薬を利用して悩みを解消される方が増えています。
治療といっても薬を飲むだけですので、簡単ですし、即効性があるのも魅力です。
ED治療薬はバイアグラは特に有名な存在ですが、その後も新しい薬が開発されており、2番目に開発されたレビトラも人気で、こちらを選ばれる方も多くなっています。
レビトラは作用時間はバイアグラと同じぐらいですが、より食事の影響を受けにくいこと、バイアグラより効果が早く出る傾向にあり、より使いやすい薬と言えるでしょう。
レビトラの購入方法ですが、医療機関で診察を受け、その後に処方されることが一般的です。
今は多くの医療機関で処方されていますので、手軽に購入できる薬ですが、薬の料金は決して安いものではありません。
薬を安く購入する方法としてはジェネリック医薬品を選ぶことがあげられます。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れてから別の製薬会社が製造を許可される薬で、同じ有効成分で作られており、同じような効果が期待できるものです。
新薬と比べて開発費がかなりおさえられることもあり、新薬よりかなり安いことが特徴です。
ED治療薬にもジェネリックがあれば、良いのですが、まだ日本では特許が切れていませんので、ジェネリック医薬品を作ることはできません。

でも、インドでは薬事法が違いますので、同じ有効成分の薬であっても製法が違えば製造できることとなっており、ED治療薬のジェネリックも様々な種類が製造販売されています。
こうした薬は日本ではまだ認可がおりていませんので、国内の医療機関では処方してもらうことは出来ませんが、海外医薬品の個人輸入という形であれば、入手が可能となります。
個人輸入でこうした薬が売れる理由としては、まず、薬の費用が格段に抑えられるということがあげられるでしょう。
そして、レビトラなどのED治療薬は医療機関で処方してもらえるものの、EDであることを医師にも話しづらいと考える方もいらっしゃるものです。
病院に行くのに抵抗を感じる人も、通販なら自宅でいつでも好きな時間を利用して注文ができますし、病院に通っているところを人に見られる心配もありません。
そして、病院に行くのに抵抗がないという方の場合も忙しさから思うように通院できないこともあります。
そういった場合も通販を利用すれば、いつでも手軽にレビトラなどの薬を入手することが可能です。

レビトラジェネリックの種類

レビトラは大変人気のあるED治療薬ですので、たくさんのメーカーから販売されています。
人気のあるものをいくつかご紹介します。

バリフ

バリフはアジャンタファーマ社が開発した治療薬です。主成分はレビトラと同じバルデナフィルで、効果なども変わりません。レビトラは10mgと20mgがありますが、バリフには20mgしかありません。初めて利用する方は、ピルカッターなどで半分に割ってから服用する事をお勧めします。価格は160円から200円と、かなりお安くなります。
また、バリフにはゼリータイプもあります。吸収し易いので錠剤タイプよりもさらに即効性があると言われています。水なしで服用する事ができるので、錠剤よりもいつでも飲み易いというメリットがあります。味も7種類あり、錠剤が苦手な方にもお勧めです。価格は300円から400円となっています。

バリフの詳細はこちら
バリフの通販

ジェビトラ

ジェビトラはサンライズレメディ社が開発した治療薬です。主成分や効果はレビトラと同じですが、ジェビトラは20mg、40mg、60mgとなっています。20mgでは効果がなかったという方にお勧めです。価格は20mgが150円前後、40mgが200円前後、60mgが250円前後となっています。
ジェビトラにもゼリータイプがあります。バリフは7つの味がありますが、ジェビトラゼリーはストロベリー風味のみとなっています。価格や含有量はバリフゼリーとほぼ同じで、20mgで300円から400円です。

ジェビトラの詳細はこちら
ジェビトラの通販

ブリトラ

ブリトラはセンチュリアン社が開発した治療薬です。20mgのみで、価格は150円から200円です。

ブリトラの詳細はこちら
ブリトラの通販

スーパージェビトラ

スーパージェビトラはサンライズレメディ社が開発した治療薬です。他のジェネリックとは異なり、レビトラのバルデナフィル20mgと、早漏に効果のあるダポキセチン60mgを含有しています。そのため、スーパージェビトラを服用するだけでEDと早漏を両方改善する事が期待できます。価格は500円前後です。
以上のように、様々な種類があります。効果の出方や副作用などは個人差があります。色々と試して、ご自分に合っているものを探すのがお勧めです。

スーパージェビトラの詳細はこちら
スーパージェビトラの通販

ジェネリック医薬品の需要

ジェネリック医薬品の国内需要は欧米50%強なのに対して日本は20%弱となっています。
日本と欧米では何故こんなにも開きがあるのでしょうか?
この背景には、日本と欧米の医療制度の違いが影響しています。
実はあまり知られていませんが、日本は欧米に比べて医療制度が充実しているのです。
その大きな特徴が健康保険の存在です。
健康保険とは、条件に応じて医療費を7割〜9割を保険から負担してもらうことができるという制度ですが、欧米にはこの制度はありません。
そのため、個人に膨大な医療費を請求されることになります。
そこで目をつけられたのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は、特許が切れた新薬(先発医薬品)の有用成分と製造方法をそのままなぞっらて製造する後発医薬品です。
効果は新薬と同様のものが得られますが、開発費用がかからないということで安く市場に送り出すことが可能となっています。
これを受けて、医療制度が充実していない欧米では安いジェネリック品の需要が高くなるという傾向があり、医療制度が充実している日本ではわずか20%の需要にとどまるという結果になっているようです。
ただ、日本での需要が低い原因は医療制度だけの問題ではありません。
最近でこそ大手製薬会社もジェネリック医薬品の製造に乗り出していますが、20年ほど前はマイナーな企業しか製造していないという実情があり、医師のもとにジェネリック品の情報が入らず、その結果ジェネリック品に対して医師が信頼をおいていないという現状があったとのことです。
いまだに消費者の中にはジェネリック品に対する正しい認識を持っていない人が多いため、正しい情報を与えていくということが今後の課題でもあるでしょう。
ちなみに日本での今後の需要に関しては、伸びてくると予想されています。
医療費は健康保険、税金、自己負担から賄うことになっていますが、現時点で医療保険制度の財源が火を噴いているのが現状です。
少子高齢化も進み今後ますます厳しくなる傾向がみられているという現状もあって、実際に2025年には国民医療費は70兆円にも膨れ上がると考えられています。
そこで、医療費を抑えるためのジェネリック医薬品の需要に注目が集まってきています。
ちなみに今でも医療機関によっては処方してもらうことが可能であり、医師が出した処方箋に「変更可能」の明記があれば、患者の意思でジェネリック品に切り替えてもらうことも可能です。

インドのジェネリック医薬品の魅力

世界的にもジェネリック医薬品は注目が集まっていると言えます。
最近は国内でもかなり注目度が高まってきています。
いわゆる後発医薬品のことです、日本ではあまり広まっていないという面がまだまだあります。
それは国内では先発医薬品の口コミ情報が多いため信頼が高まっていて後発の医薬品にはチャンスが少ないからです。
どうしてもそのような事は国内においてはまだまだあるのです。
それでも後発医薬品メーカーは価格面などで努力をして徐々にシェアを広げてきています。
これは患者さんの支店から考えましても安価で医薬品を手に入れることができるというメリットはあるのです。
ですので患者さんの方もジェネリック医薬品を積極的に利用すればますます普及が近づくというものです。
世界に目を向けると様々な国ではこの後発医薬品の注目度は国内以上に高まっています。
その中でもインドは特に世界でも一番と言えるくらい進んでおります。
インドは20世紀末から21世紀にかけてかなり経済的にも発展を遂げました、しかしまだまだ経済的格差が非常に大きく貧しい人は薬を買うこともできません、そのような人たちに無料で薬を提供しようと国が腰をあげました。
ジェネリック医薬品を無料で提供するという政策です。
無料で薬が提供されては医薬品メーカーは打撃があるのではないかと思う向きもあります、しかし医薬品メーカー、特に外資系医薬品メーカーがターゲットとしているのは富裕層です。
そのため無料で後発医薬品の提供を受けている貧困層とはターゲット層がかぶらないためさほど問題ないと考えられています。
しかもそれどころか、これはチャンスという考え方で捉えられています。
特にジェネリック医薬品を開発している後発医薬品メーカーはインド国内に力を入れています。
そのためインドはいまや世界でも類を見ない程の高利益率を後発医薬品で狙える国となっています。
そのため世界の医薬品メーカーが力を入れているのでインド国内で販売されているジェネリック医薬品を購入することは日本に住んでいる人にとってもメリットがある場合があります。
他国から薬を購入するのに抵抗があるという人もいますが、実は今はインターネットの普及でそのあたりの問題はほとんどなくなっています。
言葉の問題もなくなっており、日本語しかできないような人であっても簡単に薬が購入できます。
また配送にかかるお金もかなり安価です、そのため多くの人が利用するようになっています。

ジェネリックの安全性

ジェネリックというと、最も気になるのは安全性や新薬との違いではないでしょうか。
特に日本人は「有名なメーカーの方が信頼できる」という心理が強く、ジェネリックというと、なんとなくうさんくさい、とお思いの方も多いかもしれません。
もう少し具体的に新薬との違いを見ていきましょう。

ジェネリックと新薬の違い

まず、ジェネリックというのは、新薬と同じでなければいけないとされているものが3つあります。それは、
@有効成分の量、種類
A用法、用量
B効果、効能
の3つです。この3つが同じでなければジェネリックとして販売する事ができません。
多くの方は、薬を利用する上で最も重視するのはこの3点ではないでしょうか。
成分、用量、効果の3つは同じでなければいけないので、ジェネリックは新薬とほぼ同じ薬であると言えます。
それ以外に副作用も気になるかと思いますが、副作用も新薬とジェネリックは同じです。
それでは、逆にジェネリックが新薬と違う部分はあるのでしょうか?
それは、薬の形、色、味、添加物などは変更しても良い事になっています。
新薬は大きすぎたり飲み難い味だったりする場合がありますが、ジェネリックは新薬を改良し、飲み易い形や味に変更されているものが多くあります。
添加物が異なる場合がありますので、ごく稀にジェネリックが合わないという方もいらっしゃるようです。
ですが大多数の方は新薬とジェネリックの違いは特になかったとしています。
違ったという方も思い込みによる作用が大きいとされています。
そして、言うまでもなく最も大きな違いは価格です。
ジェネリックの価格も様々で、あまり価格が変わらないものもあれば、新薬の90%オフの価格になっているものもあります。

ジェネリックの品質

品質についても、ジェネリックも国の厳しい審査をパスしなければ販売する事ができません。
新薬と同じ安全性、品質である事が証明されてからジェネリックとしての販売が許されるのです。
特にジェネリックは新薬と同じかどうか確かめるため、「溶出試験」や「品質再評価」など、たくさんの試験が義務づけられています。
品質の安全性についても、新薬とジェネリックに差異はないと言えるでしょう。

以上のように、ジェネリックはほぼ新薬と同じ薬として服用する事ができると言えます。
メーカーに特にこだわりがあるという方でなければ、安く安全性や効果も同じであるジェネリックがおすすめです。
特に頻繁に服用する薬、毎日服用する薬、長期間服用する薬などは、ジェネリックを利用することで医療費を大幅にカットできるでしょう。
TOPに戻る