レビトラを個人輸入してみた方の体験談を掲載しています。海外から購入する事が初めての方は参考にして下さい。

サイトマップ

レビトラを個人輸入してみた(体験談)

レビトラを個人輸入してみた

40歳を過ぎたあたりから、だんだんと自分の勃起力に自信がなくなってきていました。そして50歳を過ぎると、ほとんど興奮と勃起が伴わなくなってしまったのです。夫婦間で性行為をする機会も減り、性生活とはこのまま関係が薄れていくのかと不安を抱き始めたとき、レビトラというED治療薬に出会いました。

最初はインターネットで情報を見ただけだったので、自分がまさか購入するとは思ってもみませんでしたが、その数か月後、友人が購入したという話を聞いて自分も購入を決心したのです。友人は普段からバイアグラなどのED治療薬に積極的に挑戦していましたが、一度も使ったことのない私は不安も大きかったため、レビトラの5mgを個人輸入で購入したのです。この薬の5mgというのは、日本人向けに開発された軽い薬で、初心者におすすめという事だったので、不安を抱くことなく購入に踏み切れました。

個人輸入というとなんだか英語やドイツ語が必要なんじゃないかという不安や、違法なんじゃないかという不安がありましたが、実際に利用してみるとすべて日本人が管理して代行してくれるので語学力もいりませんし信頼もできました。アマゾンや楽天などの通販と同じように簡単な手順で購入する事ができ、対応もとても丁寧でした。

さらにうれしいことに、ED治療薬を使用することを妻に知られたくなかった私は個人輸入によって荷物が自宅に届くのを恐れていましたが、郵便局留めにもできたので局で受け取ることができて安心でした。ただし海外から発送されるため、届くまでに1週間ほどかかりました。この点だけは注意が必要です。

私がなぜ代表的な治療薬であるバイアグラを選ばなかったのかというと、それは即効性に優れていなかったからです。妻と私は長いこと性生活に励んでいません。そんな私が突然妻に性行為を求めても、断られてしまう可能性があったのです。そこで性行為の1時間前から服用する必要があるバイアグラではなく、服用後15分で効果が出るレビトラの個人輸入を選んだのです。

その結果、私は今までになかったほどの満たされた夜を過ごすことができました。まず妻とそれらしい雰囲気を作り、性行為に持っていく旨を遠回しに伝えました。最初は妻も驚いていましたが、意外にもすんなりと受け入れてくれて、このまま性行為につなぐことができそうな雰囲気になったのです。

そしてそうなってから個人輸入したレビトラを服用し、効果が現れるまでの15分間前戯で妻をよろこばせました。そして効果がしっかり現れてから、そそり立つペニスを妻に挿入したのです。今までとは違うそそり立ち方に妻も興奮したようで、とても充実した性行為を行うことができました。

それからは妻との性生活も回復し、さらには男としての自信も取戻し、心身ともに満たされた毎日を送っています。レビトラという薬に出会えなかったら、どうなっていたかと想像すると恐ろしいほどです。思い切って購入してみて本当によかったです。海外医薬品の通販サイトではレビトラのジェネリック医薬品も販売されているようなので、次回はそちらを検討してみようと思っています。

レビトラ・ジェネリックの最安値
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 200円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

レビスマ

レビスマ

1錠 360円

サビトラマックス

サビトラマックス

1錠 450円

※サビトラマックスのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。