レビトラを個人輸入する場合には、薬事法で最大で1ヶ月30錠までと定められています。その他注意点についてまとめています。

サイトマップ

レビトラ個人輸入の購入限度・注意点

レビトラ個人輸入の購入限度・注意点

レビトラレビトラのジェネリック医薬品は、海外医薬品の通販を利用すれば簡単に個人輸入が出来るようになりました。ただし、1度に購入できるには限度があります。また、譲渡や転売も禁止されています。購入する前にきちんと知っておく事が大切です。さらに、薬事法をきちんと守っている信頼できるサイトを選ぶ事も重要になります。薬事法を守っていないサイトは、偽物のレビトラなどを販売している危険があります。購入する前にしっかりと確認しましょう。

レビトラを一度に購入できる限度数

レビトラを個人輸入で購入する場合、購入限度があります。何度も注文するのが面倒だからと1年分とか半年分などまとめて購入したいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それはできないと薬事法で決められています。

具体的にはどれくらいかというと、購入出来るのは1ヵ月以内とされています。それ以上の量も注文できる事は有りますが、余分に買った分は税関で止められてしまう可能性があります。ですので1か月分以内の分量を注文するようにしましょう。

なお、税金ですが関税はかかりませんが、商品代金が16666円を超える場合、消費税がかかります。金額がそれ以上になってしまって計算式がよくわからない場合は、事前にサイトに問い合わせてもいいでしょう。

参考:医薬品・化粧品等の個人輸入について

医薬品の個人輸入は転売・譲渡は禁止

医薬品の個人輸入は転売・譲渡は禁止

一人1か月分であれば、2人分頼むなら2か月分でも良いのではないかと考える事があるかもしれません。しかしこれに関しても、2か月分買う事は出来ないので注意しましょう。個人輸入が認められているのは、あくまでも「自分が使う場合に限って」という事になっています。

従って、他の方が使う分も一緒に注文してあげて、商品が届いてから分けてあげるという事は出来ません。転売なども一切禁止されています。男性のお名前で女性用のお薬を購入する事も禁止されています。その点にも気をつけるようにしましょう。

個人輸入で購入した医薬品の服用は自己責任

医薬品を個人輸入で購入する事は違法ではありません。ただし、服用に関しては自己責任になります。用法・用量を守って正しく飲みましょう。さらに調子が悪くなった時などは迷わずに医師や薬剤師に相談する様にしなければいけません。特にレビトラは併用禁忌薬が多いお薬でもあるため、服用している薬がある方は服用する前に確認するようにして下さい。

前述したように、中には偽物のレビトラを販売している悪質なサイトもあり、それによって健康被害があったというケースもあります。もしもそのような事があっても自己責任となってしまいます。レビトラなどを個人輸入で購入する際は、優良なサイトを選ぶようにしましょう。

レビトラ個人輸入は数量、譲渡などに注意

レビトラを個人輸入で購入する事は大変便利ですが、購入する際には数量や金額に注意しましょう。また、転売・譲渡は禁止されています。服用に関しても自己責任となるので偽物など購入しないようにくれぐれも気をつけましょう。レビトラは個人輸入で正しく購入して、上手にお得に利用しましょう。

すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。