レビトラを個人輸入する場合には、薬事法に定められた数量を厳守する必要があり、最大で1ヶ月30錠までとなっています。

サイトマップ

レビトラ個人輸入には購入限度がある

EDの治療薬として人気があるレビトラですが、現在では病院で処方してもらうだけでなく個人輸入を活用して手に入れる事もできます。
病院に行かなくても手に入れる事が出来る、処方箋も必要ない等の面から、現在ではレビトラを手に入れる人の中で多くの人が個人輸入を活用していると言っても過言ではない状態です。
また服用に関しては自己責任なので、用法・用量を守って正しく飲む事、さらに調子が悪くなった時などは迷わずに医師や薬剤師に相談する様にしなければいけません。
さて、レビトラ個人輸入ですが、それする場合に知っておくべき事があります。
その一つが購入限度があるという事です。
何度も注文するのが面倒だからと1年分とか半年分とかをまとめて買いたいと思う人も中にはいるかもしれませんが、それはできないと薬事法で決められているので注意しましょう。
まずレビトラですが、1日1回の服用となっています。
買うことができるのは2か月分以内なので、その範囲内の量を注文するようにしましょう。
ただそれ以上の量も注文できる事は有りますが、余分に買った分は税関でストップとなってしまうので、買う時は2か月を超えないようにする、これが鉄則と言えます。
また、一人2か月分であれば、2人分頼むなら4か月分でも良いのではないかと考える事があるかもしれません。
しかしこれに関しても、4か月分買う事は出来ないので注意しましょう。
個人輸入が認められているのは、あくまでも「自分が使う場合に限って」という事になっています。
従って、別の人が使う分も一緒に注文してあげて、商品が届いてから分けてあげるという事は出来ません。
従って、自己責任で行う個人輸入ですが、好きなだけ買うことができるわけではなく、購入限度がある事を知っておきましょう。
それを超えてしまう場合、過剰分のレビトラ自体が税関で没収されてしまいます。
つまり、お金は払ったけれど結局それ自体は没収されてしまうので自分の所へは来ないという事です。
従って、まずそれを利用する時は購入限度があるという事を良く頭に置いて利用すべきです。
また購入量に気を付けるだけでなく、金額そのものにも注意しましょう。
それだけを買うのであればまだ大丈夫ですが、他のサプリメント等を一緒に買う場合、購入金額の合計の6割が1万円を超えないようにします。
もし1万円を超えてしまった場合は、関税と消費税がかかってくることになるのも合わせて知っておきましょう。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る