医療機関からED治療薬を処方して貰う人が少ない理由は、周囲の目や口コミを恐れ、且つ保険適用外で薬価が高い為です。

サイトマップ

医者からレビトラを処方して貰う人は少数派

下半身の悩みというのは男性にとってはかなりの深刻な悩みでしょう。
実際に多くの人が悩んでいます、しかし周りにそのような悩みを打ち明けるのはなかなか難しいのです。
ですのでおそらく多くの人が思っているよりもはるかに多数の方が悩んでいます。
下半身の問題は男性から自信を奪ってしまいます。
なんとかしてその自信を回復させたいと思う人が多いでしょう、ではどのような方法がよいのでしょうか。
多くの人が採用しているのはバイアグラなどの薬物療法です。
副作用の心配もほとんどなく多くの人が利用しています。
バイアグラばかりが多くの人には知られていますが実は最近の主流となっているのはレビトラです。
こちらのほうが一般的には効果が持続する時間が長いためパートナーと行為に及ぶ直前に飲むのではなくもっと早いタイミングで飲むことができます。
これは直前に飲むのには抵抗がある人がほとんどのはずですので嬉しい点です。
ではこのレビトラをみながどのような方法で手に入れているのかというとまず一つはお医者様に処方してもらっているのです。
病院に行き勃起障害に悩んでいる相談をすると出してくれる場合があります、もちろん保健が効かない場合がほとんどですのでかなり高額な場合が多いです。
どのみち保健が効かないのでしたらわざわざ病院に行く必要があまり感じられません、ですので賢い人たちはインターネットなどの通販で購入しています。
医者からレビトラを処方してもらう人は少数派なのが現状です。
しかし、初めて購入するときに詳しい説明を受けたいなどで最初は病院で処方してもらうのも悪くはないでしょう。
そこで色々自分にとって疑問に思っていることをきちんと聞いておくのはいいことかもしれません。
特にAGAの薬を服用している場合はそちらの副作用が原因で下半身の問題となっていることも十分考えられますので、そのあたりも含めて一度医師と話してみるのがよいでしょう。
しかし、その後購入するときには医者からレビトラを処方してもらうメリットはあまり感じられません。
気軽に処方してもらえないというのが大きいです、病院が開いている時間は限られています。
仕事をしているとなかなか通うことも難しいです。
もらいたい薬も決まっているのにわざわざ診療を待つのも時間がもったいないです。
もしそのような考えに至ったら通販でレビトラを購入してみるという多数の人が利用している賢い方法もありますので一考してみるのもよいでしょう。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る