レビトラを病院で処方してもらう場合保険適用外になり、価格、時間、手間、恥ずかしさなど様々なデメリットがあります。

サイトマップ

レビトラを病院で処方して貰う人は少数派

レビトラを病院で処方して貰う人は少数派

日本ではレビトラは市販されていません。処方医薬品になるため、購入するには病院で処方してもらう必要があります。ですが、日本で処方してもらう場合、非常に多くのデメリットがあります。ですので処方してもらう方は少数派と言われています。レビトラは個人輸入代行業者を利用すれば、通販で簡単に購入する事ができます。レビトラを購入する場合、よく考えて購入するのがおすすめです。

レビトラを病院で処方してもらう場合のデメリット

レビトラを病院で処方してもらう場合、以下のようなデメリットがあります。もちろん医師に直接診察してもらえるため安心はできます。病気やレビトラの副作用 が気になる方、服用しているお薬があってレビトラの併用禁忌薬が気になる方などは初めて服用する場合は医師に相談してみるのがいいかもしれません。服用しても問題なさそうであれば、次回以降はレビトラを海外医薬品の通販サイトで購入するという方法でもいいでしょう。

レビトラは保険が適用されないので高額

レビトラをはじめ、ED治療薬は保険が適用されません。ですので処方してもらう場合はすべて自己負担になります。自由診療となるため価格は病院によってまちまちですが、レビトラの場合は1錠2000円前後になり、それに初診料、診察代などが加算されます。性行為のたびに購入していては大変な出費になってしまいます。

参考:医療保険が適用される医薬品について

ですので価格でレビトラの購入に踏み切れない方も多いようです。価格でお悩みの方は、通販で購入するのがおすすめです。通販を利用すれば、レビトラは1錠1300円程度で購入する事ができます。通販ですので勿論診察代などもかかりません。また、通販ではレビトラのジェネリック医薬品を格安で購入する事ができます。有効成分、効果はレビトラと同じでありながら、1錠たったの150〜400円程度で購入できます。ピルカッターなどで半分に割って服用すればさらにお得にできます。安くEDを治療したいという方は通販を利用しましょう。

レビトラを処方してもらうのは恥ずかしい(看護士などが女性の場合も)

ED(勃起不全)は、男性のコンプレックスに関わる問題ですので、診察してもらうのが恥ずかしいという方も多いでしょう。基本的には触診や、直接性器を見せる必要もなく、下半身のプライベートな事まで訊かれるという事はないとは言われていますが、それも医師によりますので確実ではありません。医師とは言え、よけいな詮索をされるという可能性がゼロではないのです。

また、一般的な病院であれば看護士や薬剤師は殆どが女性です。女性にEDという事を知られてしまうのは、やはり男性としては避けたいものでしょう。内心どのように思われているのかわかりません。また、通院しているのを誰かに見られてしまう危険もあります。「絶対に秘密で誰にも知られずに購入したい」という方は、プライバシーが完全に守られる通販を利用するのがおすすめです。

レビトラを処方してもらうのは時間・手間がかかる

時間・手間がかかる

当然の事ですが、レビトラを病院で処方してもらうには時間や手間がかかります。お仕事をされている方であれば診察時間に病院に行く時間をつくる事も難しいでしょう。待ち時間などもありますし、下手をすれば半日がかりになってしまいます。

また、レビトラを処方してもらう場合、一度に大量に処方してもらうという事はできません。処方される錠数には限度があるため、処方してもらうたびに病院に行かなくてはいけなくなってしまいます。風邪などの場合は1度行けば終わりですが、処方してもらうたびに病院に行かなくてはいけないというのは非常に手間になってしまう事は想像にかたくありません。

通販を利用すれば、いつでも注文する事ができ、ご自宅まで届けてくれるので時間・手間はほぼゼロと言えるでしょう。お忙しい方ほど通販を利用して、レビトラを賢く購入しているようです。

中には悪質なクリニックも?

最近は東京など都心には専門のクリニックも増えてきました。このようなクリニックは、スタッフがすべて男性であったり、目立たない立地にあったりなど様々な事に配慮されています。ですが、中には悪質なクリニックもあるようです。ED治療薬は自由診療ですので、医薬品の価格は病院が決める事ができます。その為、法外な値段にしたり、不要な薬を無理やり購入させようとするクリニックもあると言われています。ネットの普及によってある程度のクチコミを知る事もできますが、それが真実であるかどうかはわかりません。病院を選ぶ際も、注意が必要になります。

病院やクリニックでレビトラを処方してもらう流れ

病院やクリニックでレビトラを処方してもらう流れ

病院やクリニックでレビトラを処方してもらう場合、どのような流れになるのでしょうか?詳しくご説明します。

レビトラは何科で処方される?

レビトラはどこで処方されるのでしょうか?かかりつけの病院がある方は、その病院に行きましょう。EDというと、専門クリニックでなければ受診できないと思われる方も多いかもしれませんが、内科や泌尿器科、また、男性更年期外来というものがあればそちらでも診察してもらえます。ただし内科や泌尿器科はすべての病院で診察してもらえるわけではありません。事前に問い合わせるかインターネットで調べてからにしましょう。

ちなみにEDを専門としていない病院では、EDは命に関わる病気ではないため、医師によってはないがしろに扱われる場合もあるようです。信頼できる病院なのかしっかりと調べておきましょう。

ED専門クリニックについて

最近は東京など都心部では、ED専門のクリニックも増えています。EDで病院に行くのが恥ずかしいという男性のために様々な点に考慮され、スタッフが全員男性であったり、院内処方なので薬局に行く必要がないなどのメリットがあります。また、立地が目立たない場所であったり、クリニックの外観も一見普通の病院のようになっているなど工夫が多くあります。

ただしこれらの専門クリニックは地方などではまだまだ数が少ないようです。また、EDは自由診療で保険が適用されないため、薬代、診察代などは病院によって異なります。いわゆる「ぼったくり」悪質エステなどがたびたび話題になりますが、ED専門クリニックもそのような危険があるもあります。ですのでクリニックを選ぶ場合は注意が必要になります。

受付を済ませる

まずは受付を済ませます。その際に多くの場合は問診票を記入することになりますので、身長や体重、アレルギーの有無、病気、服用している薬などを記入します。服用しているお薬がある方は薬名を控えたりお薬を持参するとスムーズです。また、最近受けた健康診断や人間ドッグの結果などがあればさらに良いでしょう。

EDの診察

EDの診察というと、「局部を見せなくてはいけないのでは?」「服を脱いだり触診もあるのでは?」と思われる方も多いかもしれません。ですがそのような事はありません。ほとんどの場合は問診のみです。病気や服用薬から、レビトラなどのED治療薬を服用しても問題がなければお薬を処方されます。なお、場合によっては血圧測定、血液検査、心電図検査などを行う場合もあります。

レビトラの処方

お薬の処方に問題がなければ、レビトラなどED治療薬が処方されます。中には院内処方のクリニックもありますが、ほとんどは調剤薬局で処方される事になります。薬剤師は女性の方が多いため、この点も抵抗がある方がいらっしゃるでしょう。病院によっては2回目以降は診察を受けずに処方だけしてもらえる場合もあります。気になる方は医師に確認しましょう。

レビトラを処方してもらう場合の価格

レビトラは病院では1錠から処方してもらえます。ただし価格は1錠2000円ほどと高額です。また、診察料、初診料、遠距離である場合は交通費やガソリン代が必要になります。保険が適用されないため、診察料なども保険が適用されません。ですので価格は病院によって大きく差があり、無料のところから10000円以上かかるところまで様々です。いずれにしても、病院やクリニックで処方してもらう場合はかなりの高額になってしまいます。

レビトラは病院処方よりも通販がオススメ(まとめ)

レビトラは病院処方よりも通販がオススメ(まとめ)

レビトラは、病院で処方してもらう場合は色々と相談できるというメリットもあります。ですが、手間や費用、そして男性としてのプライドを考えた場合、デメリットも多くある点が否定できません。レビトラを購入したい場合、以上の点を踏まえて、慎重に検討しましょう。

レビトラ・ジェネリックの最安値
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 200円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

レビスマ

レビスマ

1錠 360円

サビトラマックス

サビトラマックス

1錠 450円

※サビトラマックスのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。