レビトラの名前の由来は、Le(フランス語の男性冠詞)とVitra(ラテン語の生命)が合わさったものです。

サイトマップ

レビトラ名前の由来

かつては治療でも改善が難しいとされていたEDですが、今は良い治療方法が出ており、多くの人が悩みを改善されています。
そして治療方法も様々ありますが、特に手軽に利用できるのは薬を使用した治療です。
この方法なら薬を飲むだけで簡単ですし、手術なども必要ありませんので体への負担も少なくなっています。
ED治療薬は日本では3種類が認可されており、その薬がバイアグラ、レビトラ、シアリスです。
そして、それぞれ違った有効成分を使用しており、効果にも差がありますが、薬の選びか方は、まずは医療機関に訪れ、診察を受け、医師と相談しながらそれぞれの症状や悩みに合ったもの、使用感の好みなどで選んでいき、悩みを改善していくこととなります。
そして薬はそれぞれ違ったネーミングとなっていますが、それぞれの名前の由来がどんなものなのか気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
バイアグラは最初に開発された薬ですが、これはVitarl(いきいきとした)Naiagara(ナイアガラの滝)が由来となっています。
そして、2番目に開発されたレビトラはLe(フランス語の男性冠詞)とVitra(ラテン語の生命)が合わさったものとなっているものです。
バイアグラとの違いについても知っておきたいですが、バイアグラより効果が出るのが早く、そしてバイアグラは食事の影響を受けやすいことで知られていますが、より食事の影響が受けにくくなっており、そして副作用も少ないとされています。
副作用は強いものではありませんが、頭痛やめまい、鼻づまり、胸焼けなどがあるとされており、まれに視覚異常なども起こるようですので、強く出る場合は医師に相談してみると良いでしょう。
そして、使用禁忌もあり、特に心臓病で硝酸剤を利用している人は注意が必要ですが、そのほかの疾患で薬を飲まれている方も医師に相談しておくとより安心して薬を利用することがdけいます。
どうしてEDに良いのかということとなりますが、レビトラの主成分はバルディナフルとなっており、この成分は血管拡張に役立つとされ、勃起に十分な血流を送ったり、持続時間を長くするのに役立つものです。
持続時間はバイアグラの場合は50mgで4時間程度とされていますが、レビトラは10mgで4〜5時間、20mgで8時間程度とされており、バイアグラの倍近くの持続時間を得ることも可能となっています。
バイアグラの欠点をさらに補った使いやすい薬として、こちらを選ぶ方も増えているようです。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る