自分が利用する目的で、決められた数量を自己責任で個人輸入する事は薬事法で認められています(合法)

サイトマップ

海外医薬品の通販は合法

日本で薬を販売するためには、まず厚生労働省の認可が下りなければいけません。
申請してから認可が下りるまでの期間はその薬剤によって違い、海外では流通していてもまだ国内での処方が認められていない物が多くあります。
それら海外医薬品を個人的に輸入する事を個人輸入と呼び、直接海外の業者と交渉する事もできますが、代行サイトを利用する方が手軽で一般的です。
さて、まだ国内での処方が認められていない薬を海外から輸入する事は、実際の所合法なのでしょうか、それとも違法なのでしょうか。
認可されていない物を使うという事になるので、何となく違法なのではないかと思う人もいるでしょうが、実は合法です。
薬に関して定めている法律が薬事法と呼ばれるもので、それによると海外医薬品を輸入・国外から持ち込む事は認められています。
また個人的に使用する場合に限り、輸入する場合も税関を通るだけでOKとなっているのです。
ただ、輸入が認められるのには条件があります。
一つは自分で使うのが目的だという事、そしてもう一つが2か月分未満の量である事という事です。
それを守れば税関で没収される事は有りません。
ただ自分で海外の業者に連絡をして海外医薬品を買う場合、なかなかその国の言語でコミュニケーションを図るのは大変です。
勿論海外まで買いに行く事も可能ですが、時間もお金もかかるので余り現実的な方法ではありません。
そこで良く利用されているのが海外医薬品の通販、いわゆる個人輸入代行サイトです。
このサイトを利用すれば、国内で通販を利用するような感じで医薬品を買う事が出来ます。
ただ、薬事法では「個人的な利用にのみ合法。
販売・譲渡を目的としている時は違法」となっています。
その為、通販サイトの利用自体が違法なのではないかと考える人もいるでしょう。
通販サイトから買うという事は、そのサイト自体が既にその薬を買って個人に売る事になります。
実はその場合、薬事法によると違法となってしまうのです。
しかし実際には海外医薬品はそのように通販するわけではありません。
まず個人が注文したら、それを海外の業者の販売店に注文をし、その海外の販売店から直接個人に商品を送る事になります。
従って、国内の代行業者から購入しているわけではないので、通販に関しては違法とはなりません。
従って、認可されている薬もされていない薬も通販で買ったとしても合法です。
勿論通販(代行サイト)に注文したとしても、それによって罰せられる心配も必要ありません。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。