海外医薬品を購入する場合の配送・梱包・お届け先などのルールなどについてご紹介します。

サイトマップ

海外医薬品の配送

日本ではまだ病院やドラックストアで置いていない、魅力的な医薬品が海外にはあります。
そのような海外医薬品を購入したい時には、インターネットから注文することが可能です。
そういった専用のサイトがあり、そこでは個人輸入の煩わしい部分をすべて受け持ってくれて、購入を楽にしてくれています。
独自で正規品であるかどうかの検査も行っているので、個人で輸入を行う時よりもリスクがなくなります。
お店を選ぶ時には、自社で検査をしている旨や正規品100%の保証がるかどうかも調べましょう。
そして、海外からの配送となるので、海外医薬品の購入の時にはそこもチェックが必要です。
日本から直接送られてくる品物と違い、海外医薬品は多少なりとも時間がかかってきます。
様々な国から直接、注文をしたサイトに送られてくることになるので、あなたの元に届くのはその後になります。
時間はかかりますが、品物が本物かどうかや、お客様が注文した品物なのかも調べてくれますので、安心して送られてくるのを待つことができるでしょう。
そして、最近のサイトではどのくらいで自宅に届けることができるのかを、事前に知らせてくれるサイトもあります。
事前に届く前に1週間の納期や、2週間の納期ということがわかっていれば、どのくらで自宅に届くのかをしっかりと把握しながら待つことができます。
家族がいて知られたくない海外医薬品だったとしても、自分がいつ自宅で待機していて商品を受け取ればいいのかがわかるのです。
納期がわかることも安心してすが、追跡番号も教えてくれるサイトがあります。
宅配業者には追跡番号というものがあり、どこに自分の頼んだ商品が来ているのか調べることができます。
例えばまだその宅配業者の営業所にあるのか、もうすでに配達員が荷物を持ち出し始めたのかがわかるのです。
より詳しく、自宅に海外医薬品が届くまでを調べることができるでしょう。
中には営業所止めにしてくれるサイトも多いので、家まで届けてほしくない時には宅配業者で荷物が止まるように頼んでみるのも良いです。
家族にも知られたくない商品を、堂々とサイトから注文することができます。
その他にも商品名を記載しないで送ってくれるなどの、プライバシーの配慮もしっかりと行ってくれます。
配達員にも本当の商品が何かがわからないような工夫をしてくれていますので、プライバシーの面でも安心でるでしょう。
家に届くまでも様々なサービスがあり魅力です。

海外医薬品の届先にはルールがある

海外から医薬品を輸入する際には、薬事法で定めている法律が基盤になってきます。
医薬品や医薬部外品、医療機器について定めていて、それらを購入する時にしっかりとチェックしておかなければいけない法律と言えます。
海外ではドラッグストアでも気軽に購入することができ、また何処でも取り扱われています。
ですが、まだ日本では認可すらされていない薬があります。
例えばED治療やダイエット、薄毛等に対する薬などで国内では未認可の物です。
その為、それらを病院で処方する事は出来ません。
しかし国内で利用する事は認められていますし、個人が使うのであればそ輸入しても構いません。
海外で流通している医薬品(以後海外医薬品)を手に入れる為には、個人的に輸入しなければいけません。
現在では代行業者を利用するのが一般的となっています。
この場合、海外の業者と連絡を取り合う必要がないのと、通販の様に買うことができる事、さらに全て日本語でやり取りできる事等が大きなメリットです。
さて、そんな海外医薬品ですが届先に関してルールがあるのをご存知ですか。
前述したように、この医薬品は個人的に利用する事を目的としている場合のみ無申請で輸入が出来ます。
この「個人」というのが大きなポイントです。
注文しているのは個人であって企業ではありません。
従って、届先が企業名となっている場合は税関を通る事が出来ない場合があるので注意しましょう。
あくまでもその海外医薬品を手に入れる人は個人であり、企業ではありません。
従って注文する時は個人名で注文する様にします。
また国内で荷物を送る場合、自宅に届けてもらわなくても郵便局留・宅配営業所留とする事も可能です。
そうして自宅に荷物が直接届かないように出来ます。
このシステムは自宅にほとんど帰らない人にとってはとても便利なシステムだと言えるでしょう。
しかし海外医薬品に関してはそうではありません。
もし郵便局留という事になると、相手から見て個人で利用するのか、それともそれを販売・譲渡するつもりなのかが判断できなくなってしまうのです。
従って、この場合も税関で留められてしまう事があるので注意が必要です。
従って、海外医薬品の個人輸入をする時は、届先は個人名とするようにしましょう。
誰が見たとしても個人的な使用と分かるようにするためには、企業名や郵便局留・宅配営業所留めとするのは良くありません。
また代行業者ではこの場合の荷物の未着は補償対象外となってしまうので、確実に薬を手に入れたいと思ったら、届先は自分の住所・名前にすべきです。

海外医薬品は梱包にも気を配っている

体の不調を感じた時は、医療機関に通院をして、内服薬や外用薬を処方してもらうのが一般的になっています。
体の状態によっては、医療機関に行くのに勇気が必要なこともあるため、優れた海外医薬品を個人代行の通販のお店で購入できます。
薄毛の悩みの場合は、育毛剤も数多く販売されていますし、痩せにくい体質で悩んでいる場合は優れたダイエットサプリメントも販売されています。
加齢や精神的なストレスが原因でEDに悩んでいる場合は、先発医薬品とほとんど同じ成分のジェネリック医薬品なども揃っています。
まつ毛を育毛させる育毛剤や、しみやそばかすを改善するための美白クリームなども揃っているため、体の悩みに応じた商品が見つけやすくなっています。
海外医薬品の通販のお店では、支払いは銀行振り込みやクレジット払いが利用できます。
信頼性の高い海外医薬品の通販のお店であれば、全国送料が無料になっており、手数料も掛からないお店が増えています。
正規品だけを取り扱っている信頼性の高いお店で、海外医薬品を購入すると最短で3日ぐらいで自宅に届くので安心です。
ED治療薬や育毛剤、低容量ピルなどを購入した時は箱の中身を知られたくないものです。
海外医薬品の通販のお店で購入すると、箱の中身がわからないように丁寧に梱包をしてありますから、プライバシーを厳守できます。
高品質で上質な医薬品が数多く揃っていますし、医療機関で処方してもらうと高額な医薬品もお手頃な価格で購入できるので、お財布にも優しいです。
持病のある方は、医療機関で処方されている薬によっては、服用できない場合もあるため、医師に必ず相談して下さい。
どんな優れた医薬品にも多少の副作用がありますから、服用した時に気持ちが悪くなった時や、気になる症状が見られたら服用を中止する必要があります。
医薬品は、製造開発している会社で十分な安全管理を行っていて安全性が高いため、特に問題ないことがほとんどです。
画面に必要事項を入力しておくと、購入手続きも簡単ですし、自宅で服用するだけであれば購入できます。
医療機関に通院をする時間が十分取れない場合は、通販のお店を上手に活用するようにすると良いでしょう。
迅速で丁寧な応対のお店を選ぶようにすると、不要なトラブルや失敗が少なくなります。
体の調子が悪い時は、服用を避けたほうが良い医薬品もあるので、取扱い説明書にきちんと目を通しておく必要があります。
梱包にしっかりと気を配ってくれる通販サイトは、安全な医薬品を購入する最も良い手段だと思います。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。