海外医薬品の個人輸入は薬事法で個人利用を明記しており、配送先が企業や法人名であった場合に税関で止められやすい傾向にあります。

サイトマップ

海外医薬品の届先にはルールがある

海外から医薬品を輸入する際には、薬事法で定めている法律が基盤になってきます。
医薬品や医薬部外品、医療機器について定めていて、それらを購入する時にしっかりとチェックしておかなければいけない法律と言えます。
海外ではドラッグストアでも気軽に購入することができ、また何処でも取り扱われています。
ですが、まだ日本では認可すらされていない薬があります。
例えばED治療やダイエット、薄毛等に対する薬などで国内では未認可の物です。
その為、それらを病院で処方する事は出来ません。
しかし国内で利用する事は認められていますし、個人が使うのであればそ輸入しても構いません。
海外で流通している医薬品(以後海外医薬品)を手に入れる為には、個人的に輸入しなければいけません。
現在では代行業者を利用するのが一般的となっています。
この場合、海外の業者と連絡を取り合う必要がないのと、通販の様に買うことができる事、さらに全て日本語でやり取りできる事等が大きなメリットです。
さて、そんな海外医薬品ですが届先に関してルールがあるのをご存知ですか。
前述したように、この医薬品は個人的に利用する事を目的としている場合のみ無申請で輸入が出来ます。
この「個人」というのが大きなポイントです。
注文しているのは個人であって企業ではありません。
従って、届先が企業名となっている場合は税関を通る事が出来ない場合があるので注意しましょう。
あくまでもその海外医薬品を手に入れる人は個人であり、企業ではありません。
従って注文する時は個人名で注文する様にします。
また国内で荷物を送る場合、自宅に届けてもらわなくても郵便局留・宅配営業所留とする事も可能です。
そうして自宅に荷物が直接届かないように出来ます。
このシステムは自宅にほとんど帰らない人にとってはとても便利なシステムだと言えるでしょう。
しかし海外医薬品に関してはそうではありません。
もし郵便局留という事になると、相手から見て個人で利用するのか、それともそれを販売・譲渡するつもりなのかが判断できなくなってしまうのです。
従って、この場合も税関で留められてしまう事があるので注意が必要です。
従って、海外医薬品の個人輸入をする時は、届先は個人名とするようにしましょう。
誰が見たとしても個人的な使用と分かるようにするためには、企業名や郵便局留・宅配営業所留めとするのは良くありません。
また代行業者ではこの場合の荷物の未着は補償対象外となってしまうので、確実に薬を手に入れたいと思ったら、届先は自分の住所・名前にすべきです。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る