レビトラには副作用がある場合があります。服用前に確認しておきましょう。

サイトマップ

レビトラの副作用

副作用 レビトラは、EDに対して強力な医薬品ですが、その分副作用の可能性もあります。
市販の薬と同じレベル程度と言われているので重篤な副作用が起こるという事は非常に稀ですので、気にするほどのものではありませんが、服用前に確認しておきましょう。
副作用の殆どは主成分のバルデナフィルの血管拡張作用によって起こります。
報告されている副作用は、主に下記のようなものになります。
・頭痛
・ほてり
・鼻づまり
・めまい
・目の充血
・頻脈
・視覚異常
・血圧の変動
・動悸
・頻脈
・視覚異常
また、ごく稀に「青視症」と呼ばれる、視界が青く見えてしまうという症状もあります。
光に過敏になるという症状がある場合もあります。
どちらも一過性の症状のものになるので時間が経てば治まりますが、このような副作用が出た場合は、念のために乗り物の運転や危険物の取り扱いなどは控えた方が安全です。
なお、アルコールを飲むと頭痛があったり動悸を感じたりし易い方は、副作用でも同じように頭痛や動悸を感じ易い傾向にあると言われています。
頭痛があって痛みが酷い場合は、市販の頭痛薬などと併用しても構いません。
レビトラは欧米人向けに作られた薬ですので、小柄な日本人では作用も副作用も強く出てしまう場合があります。
錠剤をピルカッターなどで割って服用すれば効果も低くなりますが、その分副作用も少なくなります。
日本人なら半分で十分という方も多いので、特に初めて服用する方はまずは半分から試してみるのがお勧めです。
半分で効果があり、副作用が少なければ、経済的にもお得になります。
また、レビトラでは副作用が強すぎたものの、レビトラのジェネリックでは副作用があまりなく、効果を得る事ができたという方もいます。
効果の出方や副作用については個人差があります。 ジェネリックでしたら安く購入できますので、色々と試してみてご自分に合っているものを探すのがお勧めです。
効果がなくなれば副作用も治まりますが、あまりにも酷かったり長引いたりする場合は、医師に相談するようにしましょう。
すべてレビトラと同じ効果のお薬
これらはすべてレビトラと同一成分配合・同じ効果のED治療薬です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。
レビトラ ジェネリック薬

国内処方

レビトラ

1錠 2,000円〜

→

バリフ

バリフ

1錠 160円

ブリトラ

ブリトラ

1錠 153円

海外販売

レビトラ

1錠 1,370円

ジェビトラ

ジェビトラ

1錠 145円

スーパージェビトラ

スーパージェビトラ

1錠 467円

※スーパージェビトラのみ早漏防止成分のダポキセチンが配合されています。
※各医薬品の画像を押すとレビトラ通販サイトに移動します。
TOPに戻る